盗撮弁護士 梅津真道(栃木)に罰金50万円の略式処分 自制心無き弁護士のしたたかな戦略

13日付で産経新聞は「女児殺害事件担当弁護士に罰金50万円の略式命令 女性のスカート内盗撮した罪」として以下の記事を配信した。

 

栃木区検は13日、女性のスカート内を盗撮したとして、栃木県迷惑防止条例違反(盗撮)罪で、同県小山市の梅津真道弁護士(43)を略式起訴した。栃木簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。梅津弁護士は同日釈放された。

  起訴状によると、平成26年10月と昨年12月、今年4月の計3回、宇都宮市と小山市で女性のスカート内を小型カメラで撮影したとしている。

  梅津弁護士は、同県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で被告の弁護人を務めた。県警の調べに対し、「数年前から盗撮していた。性癖だった」などと供述していた。

 

引用以上

 

 この盗撮弁護士について筆者は以下のとおりの論考を行い、梅津弁護士が禁錮以上の刑に処せられることはまずない事を指摘している。

 

【参考記事】

盗撮弁護士は梅津真道弁護士(栃木県弁護士会元副会長)でした

 

 この事件は、梅津弁護士の「自首」から明らかになった事件である。梅津弁護士は盗撮行為が発覚したと考え、知人の弁護士に付き添われ警察に出頭し、盗撮データを任意で提出したのである。

この行動から見える事は、「盗撮」で弁護士資格を喪失することは無いので、罪を認め早くこの事件を終息させて、事件が忘れ去られるのを待つ戦略であったのだろう。

現在、梅津弁護士には所属会により懲戒請求が提起されている。この懲戒請求についても梅津弁護士が「反省」を縷々述べるであろうことは想像に難くないが、何年もの間「性癖」として犯罪行為である「盗撮」行為を繰り返した梅津弁護士の自制心の無さは理解しているのだろうから、「盗撮」の再犯の抑止のためにも厳しい処分を下すべきであろう。

特殊詐欺関係者と深い関係を持つ藤勝辰博元弁護士(二弁)を横領容疑で逮捕 詐欺師に飼われた弁護士の悲惨な末路

10日付でNHKニュースは「依頼人の770万円横領容疑で元弁護士逮捕」として以下の記事を配信した。

 

東京の弁護士だった男が依頼人から預かった現金770万円を着服したとして業務上横領の疑いで逮捕されました。警察は、元弁護士が借金などの返済に充てるためほかの依頼人から預かった金も繰り返し着服していたとみて調べています。

逮捕されたのは、東京・国立市の元弁護士、藤勝辰博容疑者(58)です。

警察の調べによりますと、藤勝元弁護士は平成24年6月、遺産相続のため埼玉県に住む依頼人から預かった現金770万円を着服したとして業務上横領の疑いが持たれています。

警察の調べに対し、「着服した金は借金の返済などに充てた」と供述し、容疑を認めているということです。

藤勝元弁護士はほかの依頼人から預かった現金1億5000万円を着服したとして平成26年、当時、所属していた第二東京弁護士会から除名処分を受けています。

警察の調べによりますと、藤勝元弁護士は借金の保証人になったことをきっかけに数億円の借金があったということで、警察は依頼人から預かった金を借金の返済や依頼人への支払いに充てる手口で着服を繰り返していたとみて、余罪についても調べることにしています

 

引用以上

 

 藤勝弁護士は報道にあるとおり平成26年に第二東京弁護士会から懲戒処分の事前公表を受けたうえで「退会命令」の懲戒処分を受け弁護士登録を抹消されたのだが、1億5千万円もの大金を横領した事実を第二東京弁護士会は事実確認しながら、刑事告発を会としては行わなかったという事実が分かる報道でもある。

藤勝元弁護士は特殊詐欺師御用達の弁護士であり特殊詐欺首魁の「カネの亡者」大山多賀男の刑事事件の公判においても、クズ大山が「藤勝弁護士のお墨付きがあり、詐欺ではないと言われた」などと申し述べていた人物であり、地下格闘技団体を自称するも、実際には特殊詐欺の受け子集団であった「野蛮一族」の頭目である吉田武生とも深い関係があった問題弁護士であった。

【参考記事】

「カネの亡者」大山多賀男への判決 犯罪収益の徹底的な追跡による没収 

「カネの亡者」大山多賀男の言い訳と犯罪弁護士を野放しにする弁護士自治

  この他にも、藤勝元弁護士は様々な特殊詐欺師や非弁関係者(中野に引っ越したヤマシタの関係者など)と深い関係を持ち、特殊詐欺師からカネをふんだくったりしながら自転車操業をしているうちに。2014年に金銭がらみの問題で業務停止2月の懲戒処分を受け、その後は大山多賀男などの特殊詐欺師らに「飼われ」ながら、糊口を凌いできたのである。

警察は今回の逮捕案件以外にも余罪を調べるそうだが、藤勝元弁護士の携帯電話の通信履歴を解析すれば、特殊詐欺の元締めなどに繋がる可能性も高い事から、様々な観点から藤勝元弁護士の捜査を進めるべきであろう。

藤勝元弁護士の逮捕で、「寒く」なった特殊詐欺師らは多いはずだ。そんな奴らを追及するためにも藤勝元弁護士は自らの行いをすべて包み隠さず捜査機関に申し述べてほしいものだ。

ストーカー規制法違反で有罪判決を受けた下山芳春元判事に資格回復の判断 「人格の改善」と判断した弾劾裁判所の意味不明な判断基準

毎日新聞は8日付で「弾劾裁判所 元地裁判事の資格回復 ストーカー違反で罷免」として以下の記事を配信した。

 

2008年にストーカー規制法違反で有罪が確定し、罷免された下山芳晴・元宇都宮地裁判事(63)について、国会の裁判官弾劾裁判所(裁判長・吉田博美参院議員)は8日、資格回復の決定をしたと発表した。決定は5月17日付。罷免された元裁判官による資格回復請求は今回を含めて8件あり、認められたのは1986年以来30年ぶり4件目。下山元判事は弁護士登録を希望している。

 下山元判事は、部下の女性に性的表現を含むメールを繰り返し送ったとして懲役6月、執行猶予2年の判決が確定。弾劾裁判所が08年12月、「裁判官としての威信を著しく失う行為」として罷免を言い渡し、法曹資格を失った。

 決定によると、元判事は罷免後、大学職員や警備員を務めたほか、派遣社員として国民健康保険料の徴収に従事した。決定は「罷免後は経済的に困窮し、自分の愚かさを身に染みて反省したと認められる。考え方や行動を改める人格の改善があった」としている。

 裁判官弾劾法は、請求があった場合、罷免から5年が経過し、相当の理由があると判断されれば法曹資格を回復すると規定する。今回は衆参各7人の計14人で非公開の会議を開き、過半数の賛成で資格回復を決めた。

 過去にはロッキード事件捜査中に検事総長の名をかたって三木武夫首相(当時)にニセ電話をかけたとして罷免された元京都地裁判事補や、担当する破産事件の管財人からゴルフ道具を受け取り罷免された元東京地裁判事補らが、弾劾裁判所で資格を回復している。

 

引用以上

 

 裁判所の部下の20台女性にメールを繰り返し送り、部下から相談を受けた際に全く関係ない事を装い警察に相談するよう勧めていた50過ぎのオッサンは、自らの恋愛感情を告げることもなく花を愛でる気持ちもなく歪んだ愛情表現を行い逮捕され、有罪判決を受けたのである。要するに欲望の自制が出来ない人間であるという事だ。

そんな人物が、有罪判決を受けた後に大学職員や警備員を務めたり派遣社員で国保の徴集に従事したぐらいで「人格の改善」などできるのか筆者には理解できない、また弾劾裁判所の裁判員の国会議員のセンセイ方は「人格の改善」が見えると判断できるのだから恐ろしい能力と言わざるを得ない。

最近は欲望を自制できない弁護士らの破廉恥な犯罪が増加している事を筆者は何度もお伝えしているが、下山元判事に法曹資格を回復することが下山元判事以外の国民に利益になる事かを充分に判断したのであろうか?

下山元判事は弁護士登録を行い弁護士として今後生計を立てるつもりらしいが、単位弁護士会に所属するための推薦人は司法修習同期のお仲間がなってくれるのだろうが、下山元判事と同様に資格回復がなされた鬼頭元判事補のように、単位弁護士会の入会審査で入会を拒絶される可能性もある。筆者としては下山元判事が入会申請を行う単位弁護士会には、鬼頭判事補と同様に入会拒絶の決定を行うべきだと考える。

栃木県弁護士会が盗撮弁護士梅津真道容疑者を懲戒請求へ 会長談話はなんだったのでしょうか?

 

2日付で産経新聞は「盗撮容疑で逮捕の弁護士懲戒処分へ 栃木県弁護士会」として以下の記事を配信した。

 

 県弁護士会(室井淳男会長)は1日、女性のスカート内を盗撮したとして県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕された同会所属弁護士の梅津真道容疑者(43)=宇都宮市=について、5月31日付で懲戒処分手続きを開始したと明らかにした。

  室井会長は「被疑事実が真実であれば、弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、厳粛に受け止めている」としており、4月に1審判決が出た今市市(現日光市)での小1女児殺害事件の担当弁護士だったことについても「非常に残念に思っている」と述べた。また、同会綱紀委員会と懲戒委員会の手続き、審査があり、結論が出るまで最長で1年かかる可能性も示唆した。

  梅津容疑者の逮捕容疑は、昨年12月ごろと今年4月30日、宇都宮市と小山市で、女性のスカート内を小型カメラで撮影した疑い。

 

引用以上

 

この盗撮弁護士梅津真道容疑者の逮捕について栃木県弁護士会が会長談話として公表した内容について筆者は下記のリンクの記事のとおり、梅津容疑者が罪状を認め自首したことを理由に、速やかに会として懲戒請求を行うべきだとの見解を示した。

 

盗撮で逮捕された梅津真道弁護士が所属する栃木県弁護士会の会長談話を添削します

 

まさか、筆者の見解に賛同してくれたわけではないと思うが、この件については弁護士自治を考える会の見解も大いに参考になる。

 

盗撮容疑で逮捕の弁護士懲戒処分へ 栃木県弁護士会 ( 事件 )

 

 基本的に弁護士懲戒制度は「同僚裁判」であり、「弁護士の弁護士による弁護士の為の弁護士自治」により運営されているので、その処分には均衡を欠いていることは明らかであるし、懲戒処分の進行にも恣意的な運用の疑念もある。(高山俊吉弁護士に懲戒処分が下されたときは異常な早さでした)

こんな弁護士自治と弁護士懲戒制度を改革しなければ、弁護士不祥事の防止など不可能であろうし、欲望を自制できない弁護士の犯罪行為も増加するだけであろうと筆者は考えている。

諸永芳春先生(平成9年度第二東京弁護士会副会長) 事務所移転したのですから早く古い事務所のウェブサイトは削除したほうが良いですよ

第二東京弁護士会所属の諸永芳春弁護士の事務所が、名称と所在地を変更したことを筆者は今年3月1日にお伝えしている。また弁護士登録のない2名の元弁護士らが第二東京弁護士会の元副会長であった諸永先生の事務所に在籍していたことも筆者はお伝えしている。

 

【参考リンク】

諸永総合法律事務所は事務所名を「内神田総合法律事務所」に名称を変更し内神田に移転いたしました。

 

 諸永総合法律事務所には元弁護士が2名在籍しております

 

 上記の記事でも指摘したが、諸永先生の移転前の事務所である諸永総合法律事務所のウェブサイトは現在も閲覧可能な状態が続いたままである。

 

諸永総合法律事務所

 

諸永総合法律事務所 闇金融の借金相談ガイド

 

 なんでなんでしょうね、諸永先生、依頼者の方も混乱する可能性もあると思いますよ。もしかしたら知らないうちに広告屋が勝手にウェブサイトを作ったのかもしれませんね最近は広告屋が弁護士事務所を乗っ取りして、好き勝手に運営している事も多いですからね(よく街角で見かけます)。

それとも登録していない2名のセンセイの御意向なんですかね?銀座九竜城に巣食っていた小林霊光などの意向もあるのかもしれませんね。(そういえば九龍城所有権をめぐる控訴審の中で元田や上田が逮捕されたのは痛手でしたね)

第二東京弁護士会の副会長まで務めた諸永先生の事ですから、晩節を汚すようなことはしないでしょうが、先生と同じく第二東京弁護士会の副会長であった本田洋司元弁護士も詐欺で二ケタの懲役刑の判決を受けていましたね。

弁護士自治の信託者である国民を軽視する独自の気風を持つ、第二東京弁護士会といえども、こんな状況を放置しといていいはずはないですよ。諸永先生が晩節を汚す前に指導監督連絡権を行使してくださいね。

相変わらずの日弁連の政治的主張 覚悟無き題目のような空疎な意見よりも弁護士不祥事の防止活動を

相変わらず日弁連執行部は、自分たちの価値観を国民に押し付けたいらしい。以下のような政治的な決議や会長声明を続けて発表している。

 

安保法制に反対し、立憲主義・民主主義を回復するための宣言

 

オバマアメリカ合衆国大統領の広島訪問に関する会長談話

 

 筆者も無教養丸出しの安倍総理は全く評価していないが、日弁連という弁護士自治を統括する組織が、あたかも会員の総意のように「宣言」を公表し、オバマ大統領の広島訪問を契機に、核兵器のない世界を目指した具体的な行動を期待したいという紋切り型の空疎なメッセージを発することは大いに疑問である。

民主主義の回復というが、本当に民主主義という制度が最善の統治形態なのかも議論もなく、立憲主義というが、日本国憲法の問題点についての視点や議論は全くない。

またオバマ大統領の広島訪問により、核兵器のない世界を目指した具体的な行動をというのであれば、日弁連はどのような行動を期待しているかぐらい内容を示すべきなのである。逆説的ではあるが核兵器の撲滅のためには戦争が一番有効なのである。ならず者国家の現代の東洋専制君主王朝である朝鮮民主主義人民共和国にまともな「対話」ができる筈がないのは事実だ。金王朝の核を叩き潰すには、金王朝の当主を放伐すべく戦争を仕掛けて壊滅的な打撃を与え、核兵器をすべて破壊するのが最も現実的なのである。

オバマ大統領の広島訪問は確かに画期的な事であり、オバマ大統領が謝罪しないことはある意味当然ではあると思うが、「法治」という事について日弁連はオバマ大統領に「人道としての罪」や「司令官の責任」により戦争を裁いた極東国際軍事裁判の不公正な判断を問うべきなのではないのであろうか?

【参考文献】

山下裁判〈上〉

 

この山下裁判を読むと、弁護人の真摯な姿勢や法を遵守し裁判手続きをさせようとする姿勢がよく理解できる。自分の国と闘った相手の軍人を真摯に弁護するリールの行動には胸を打たれる人も多いはずだ。

 

日弁連執行部は、どこまでの覚悟で「宣言」や「談話」を出しているのであろうか?憲法に保障された言論の自由は「安保法制賛成」という言論の自由や、「戦争賛成」「核武装賛成」と述べることの言論の自由も保障するはずだ。また「民主主義」に反対する言論の自由も保障するだろう。

日弁連の執行部にはよく「民主主義」とか「自由」という意味を考えてほしい。マルキド・サドは自由とは「戯れに人を殺す自由」が真の自由であると述べている。民主主義とはマスヒステリアを生み出す母胎であり、ヒトラーやマクシミリアン・ロベスピエールを誕生させたのは間違いなく民主主義なのである。究極的な自由とは、サドの述べるとおりであろう。

日弁連には何の考察もない空虚な「声明」「談話」を出すよりも、弁護士不祥事の防止に力を入れて頂きたいと筆者は考えている。

盗撮で逮捕された梅津真道弁護士が所属する栃木県弁護士会の会長談話を添削します

5月24日に県迷惑防止条例違反容疑(盗撮)で逮捕された、梅津真道弁護士が所属する栃木県弁護士会が会長声明を出した。内容は以下のとおりである。

 

栃木県弁護士会 当会会員の逮捕に関する会長談話

 

本日、当会会員が、県迷惑防止条例違反容疑で逮捕されたとの情報に接しました。

 被疑事実の真偽については、今後の捜査及び裁判の進捗を待つことになりますが、もしこの被疑事実が真実であるとすれば、弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、由々しき事態であると厳粛に受け止めております。

  当会は、会員の弁護士としての責任感と倫理意識を一層高めるための更なる努力を重ねるとともに、綱紀を保持し、弁護士の社会的信用を損なうことのないよう努めてまいります。

 

引用以上

 

 全く、空疎な内容であり適切に所属会員に対して指導監督連絡権を行使すべき、単位弁護士会の責任を何も考えていないことがよくわかる。

栃木県弁護士会の会長様へ、大変僭越ではありますが筆者が、栃木県弁護士会の会長声明を添削しましたので、参考にしてみてください。

 

本日、当会会員が、県迷惑防止条例違反容疑で逮捕されたとの情報に接しました。

 被疑事実の真偽については、被疑者である梅津真道弁護士が

  • 自ら被疑容疑を認めている事。
  • 被疑容疑の証拠である、盗撮したデータを捜査機関に任意で提出した事。

 

から、考えれば被疑容疑は真実であり、また極めて破廉恥な行為で弁護士の品位を汚すものであり、弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、由々しき事態であると厳粛に受け止めております。

また、逮捕された梅津真道弁護士が当会の副会長として、会務に当たっていた事実もあり、当会としても梅津真道弁護士について、独自の調査を行い国民の皆様に調査結果を公表する所存です。

  当会は、このような事実を受けて、今回逮捕された会員の弁護士が、弁護士としての品位を汚したことは明白ですので、梅津真道弁護士に対して懲戒請求を提起いたします。このしての責任感と倫理意識を一層高めるための更なる努力を重ねるとともに、綱紀を保持し、弁護士の社会的信用を損なうことのないよう努めてまいります。

如何ですか?栃木県弁護士会の役員の方々は、ぜひ筆者が添削した会長声明についてご意見をお願いいたします。