相次ぐ、弁護士会,裁判所への爆破予告 愉快犯か弁護士や裁判所に恨みを持つ者の犯行でしょうが、期日に出頭したくない弁護士の犯行の可能性もあるかもしれませんね(そんなことは無いとは思いますが)

朝日新聞デジタルは14日付で「東京地裁・高裁に爆破予告、午後1時~2時半の裁判全て取り消し」として以下の記事を配信した。

東京高裁によると、14日午前、東京地裁と東京高裁が入る合同庁舎(東京都千代田区)を「14日午後1時半に爆破する」との内容の爆破予告があった。これを受け、地裁・高裁は正午~午後2時の間は来庁者の出入りを制限し、午後1時~午後2時29分に予定されていた全ての裁判期日を取り消した。

 午後0時半時点で、午後2時半以降の期日は、予定通り開かれる見通し。

 合同庁舎に隣接する弁護士会館に入る東京弁護士会宛てにも7日、「10日に6階を爆破する」との予告があった。同会のほか日本弁護士連合会などが10日、一部フロアを閉鎖したり業務を取りやめたりしていたが、爆破はなかった。

引用以上

 上記引用記事にあるとおり、東弁にも爆破予告があったばかりであり、それを模倣した爆破予告である可能性が高いと思われる。この爆破予告については報道でもすぐに取り扱われたが、爆破予告の対象となった東京高裁や東京地裁のウェブサイトにおいては何らの告知もなかった事は適切ではないだろう。実際に期日の取消をして、裁判所への入庁を制限したり、一般人を避難させたりしたわけだから「爆破予告があり、午後1時から午後2時半までの期日は取消になりましたので来庁しないでください」との案内程度は行った方がよかったはずだろう。この時間に開廷を予定していた係属部からは、各訴訟の代理人や当事者らに直接電話連絡があり裁判所への出頭をしないようにとの連絡がなされたとの情報もあるのだからなおさらだと思われる。

 爆破を予告は、東京出入国在留管理局と東京消防庁になされており、14日午前3時すぎにメールが届いたということらしいが、何故に入管に裁判所の爆破を予告したのかも理解できないところだ。おそらく愉快犯か弁護士や裁判所に恨みを持つ者の犯行と思われるが、この日の法廷に出頭したくなかった弁護士が爆破予告をした可能性も、ゼロではないだろう。(本気では思っていないです)

 最近は、「弁護士はカネ儲けだけだ」「弁護士は人の不幸を銭にしている」と考える人も多いようで、確かに真実も含まれているわけだが、弁護士が霞を食って生きていかれるわけでも無いわけであり「商売」であることを批判することは的外れであることは多くの人に認識して欲しいとは思う。

 弁護士や裁判所に一方的に恨みを持つ人たちの多くは「なぜ自分の主張・要求を受け入れてくれない」という理由から感情を爆発させることが多い。自分の請求が棄却されれば、依頼した弁護士は無能、裁判所の判断は何かの政治的な陰謀か裁判官が買収されているなどと考えるのであるから手に負えないわけだ。(思う通りの結果が出ないと不正選挙と叫ぶトランプみたいですね)

 本来は訴訟の提起とか弁護士への委任などしないほうが良いような人たちであり、弁護士としてもお相手するのは御免蒙りたい人種なのであろうが司法制度改革のおかげで弁護士が増加した事から、家賃や固定費用の支払いのために、そんな依頼者の事件も来銭欲しさに受けてしまう弁護士も増加したので、本来は法的な交渉などにそぐわない案件での訴訟提起などがなされることが多くなったというのが率直な感想である。

 こんな脅迫行為で期日が流せることを知ったキチガイたちが、自分に不利な訴訟の期日を流すために同じような脅迫行為を繰り返さないかも心配である。警察は早急に、こんなバカなことを行った犯人を検挙して欲しいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中