犯罪行為まで行って名を売り、動画配信でカネを稼ぐような連中を相手にしてはならないはずではないでしょうか N党党首を名乗る立花孝志の刑事事件では控訴棄却で有罪との判断です!

NHKニュースは24日付で「NHK党 立花党首 2審も有罪判決 不正に得た情報でNHK脅す」として以下の記事を配信した。

NHK党の立花党首が、受信契約者の情報を不正に取得したうえでインターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして、威力業務妨害などの罪に問われた裁判で、2審の東京高等裁判所は「無関係な一般国民の個人情報を取得し、自身の活動のために悪用した」と指摘して、1審に続き、懲役2年6か月、執行猶予4年の判決を言い渡しました。

NHK党の党首で元参議院議員の立花孝志被告(55)は3年前、都内で、受信料の契約・収納業務の委託先会社の元社員から受信契約者の情報を不正に取得したうえで、インターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして威力業務妨害などの罪に問われました。

裁判で、立花党首は「政治活動であり、正当な業務行為で違法ではない」などと無罪を主張しましたが、1審が執行猶予の付いた有罪を言い渡したため控訴していました。

24日の2審の判決で、東京高等裁判所の田村政喜裁判長は「不正に得た情報を人質のようにしてNHKに要求を行っており、NHKを批判するなど自身の活動に利用する意思があったとみるべきだ」と指摘しました。

そのうえで、「無関係な一般国民の個人情報を、自身の活動で悪用するために取得した。被告の行為がなければNHKが具体的な対応を余儀なくされることはなかった」などとして、1審に続き、懲役2年6か月、執行猶予4年を言い渡しました。

引用以上

 立花の行為は、明らかな犯罪行為であるとして執行猶予付きながらも(執行猶予の長さも立花の悪質さからだろう)有罪判決を下している訳である。立花は厚顔だから、従前どおり「政治活動」という主張を行うのであろうが、上告をしてもその理由もなければ職権破棄事由も無いわけだから、結果は明らかであろうと思われる。まぁそれでも上告はするのだろうと思われる。

 立花を筆頭にしたN党の連中は社会から顰蹙を買うような言動や行動で社会的な注目を集め、その迷惑行動を三流メディアなどが報道する事で注目をひきつけ、Youtubeなどの動画の再生回数を稼いでカネを稼ぐスタイルなのである。

 先の参院選においても、N党と同じ匂いを持つ「反知性」を前面に押し出した政党らの勢力の伸長から議席獲得も怪しい状況であったが、「ガーシー」という日本に帰れば逮捕されるかもしれないので帰国できないとして、参院への登院を拒絶している人物を担いで芸能人の異性関係などの暴露などを予告して票集めを行っていたわけだから、投票する国民らの方がどうかしていると思われるのである。

 最近は犯罪行為や過去の悪行を「自慢」してアクセスを集め動画で小銭稼ぎをする者も多く、立花やガーシーを「成功例」と考え「炎上」を企図し愚行を配信する者も増加している訳である。

 そんな連中を相手にしたり、様子を見てみようと思い動画サイトにアクセスすることは結果的にそんな連中らの「養分」になる事を自覚して欲しいと思う。そんな連中には小銭も与えてはならないのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中