杉田水脈衆議院議員に賠償を命じる逆転判決 普段から言動が自らの首を絞めることになった事に気付くべきでしょう

共同通信は20日付で「杉田議員の「いいね」に賠償命令 伊藤さん性被害中傷投稿で高裁」として以下の記事を配信した。

性暴力被害を公表した伊藤詩織さんが、自身を中傷する複数のツイッター投稿に「いいね」を押して名誉を傷つけたとして、自民党の杉田水脈衆院議員に220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、55万円の支払いを命じた。伊藤さん側敗訴の一審判決を変更した。

 伊藤さんの代理人弁護士によると、中傷投稿に「いいね」を押す行為で賠償を命じた司法判断は初めて。

 石井浩裁判長は、杉田議員が以前から伊藤さんへのやゆや批判を繰り返していた経緯を重視。「伊藤さんらを侮蔑する内容のツイートを利用して、積極的に名誉感情を害する意図で『いいね』を押した」と判断した。

引用以上

 一審判決では『いいね』自体からは感情の対象や程度を特定することができず、非常に抽象的な表現行為にとどまっている,「いいね」は必ずしも対象ツイートの内容自体に対する好意的・肯定的な感情を示すものではないとの判断から請求を棄却したわけであり、この判断も尤もなようにも思えることも間違いはないが、高裁では「伊藤さんに対して揶揄や批判などを繰り返してきた杉田議員が、中傷ツイートに『いいね』を押して、賛意を示すことは、名誉感情を侵害するものと認めることができる」と判示されたとの報道もあることから、国会議員という影響力のある地位にあることや、伊藤氏を敵視する杉田議員の普段の言動から自らの首を絞めたという事であろうと思われる。

 全ての判決文を読んだわけではないから何とも言えないが、「いいね」を押せば、その投稿に賛同したと単純に判断されたわけではないし、国会議員の行った行為であることも判断の材料にされていると思うので、ネトウヨたちが「いいね」押すと「賠償になる」と騒いでいるのは全く的外れであるとだけ指摘しておきたい。

 普段から「女性はいくらでもうそをつけますから」「女性差別は日本には存在しない」「男女平等は、絶対に実現し得ない、反道徳の妄想だ」と述べており、そんな言動を繰り返している杉田議員に議員の資質があるとは到底思えない。ネトウヨたちが喜ぶ言動を行うような人物を総務大臣政務官にした岸田首相には人を見る目が無いとしか言いようが無い。

 この判決についての議論は今後も大いになされて行くと思うので、議論の行方にも注目していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中