旧統一教会が名誉棄損で紀藤弁護士らに対して6600万円の賠償を求め提訴との報道 このような提訴は今後も増加すると思われます

毎日新聞は29日付で「旧統一教会が読売テレビとTBSを提訴 番組内発言で名誉毀損主張」として以下の記事を配信した。

民放テレビ局の情報番組に出演するコメンテーターの発言で名誉を傷つけられたとして、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は29日、読売テレビ、TBSの2社とコメンテーターを務めた弁護士3人に計6600万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 旧統一教会側は、読売テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」内での紀藤正樹弁護士と本村健太郎弁護士、TBSの「ひるおび」内での八代英輝弁護士の発言で名誉を毀損(きそん)されたと主張している。読売テレビと紀藤弁護士、同社と本村弁護士、TBSと八代弁護士にそれぞれ2200万円の支払いを求めている他、謝罪の広告と放送も求めている。

引用以上

 別途報道では、教団側代理人の福本修也弁護士は「弁護士ですから、いずれ懲戒(請求)も考えています」と述べているようで、旧統一教会側は紀藤弁護士,本村弁護士,木村弁護士共に品位を欠いた言動を行ったと考えているのであろう。

 旧統一教会代理人の福本弁護士は提訴後に記者会見を開いたそうであり、旧統一教会の並々ならぬ熱意を感じてしまうのであるが、懲戒請求まで起こすことを考えている事を述べることは無いと思う。あくまで名誉棄損というのであれば、その事実だけを指摘するべきであり、懲戒請求などの予告は蛇足でしかないだろう。

 旧統一教会側は安倍の銃殺事件を機として、世論が旧統一教会を批判する流れになった事から、このような訴訟を提起したものと思われる。相手が旧統一教会であろうと、事実に基づかない批判などは避けるべきであることは当然であると思われるが、この訴訟を提起された3名の弁護士らが、裏取りをしない推測の発言を行ったとは俄かに考え難いというのが率直な印象であるが、事実関係は公判の中で明らかになると思われる。

 旧統一教会の問題は、長年にわたる社会問題であり、「原理研」「霊感商法」などの被害は今までも継続的に報道されていたわけである。また、「勝共連合」などの政治団体との政治家との関係、特に岸信介以降の自民党(主に清和会)との関係が問題視されている訳である。信者らを原告にした訴訟の提起も予告なされているようであり「宗教弾圧」というイメージを植え付けたいのかもしれない。

 信教の自由というのは、大切な事であり、守られるべき権利であることは確かであろうが、以下の参考リンク記事のとおり、統一教会が「信教の自由」を侵害するような勧誘方法と判断された事例もあるわけで、本当に信者の意志で宗教活動を行っているのかという点を検証すべきであろう。

【参考リンク】

【独自解説】“統一教会”は「信仰の自由を侵害している」 教団追及の第一人者が語る、「1件で数百件分の重さ」という壮絶な裁判の実態  この件とは異なるが、単なる批判・批評を「誹謗中傷」として、手当たり次第の開示請求や訴訟提起を行った人物もいる事から、不都合な事実や一般的な批判や批評を封じるための「名誉棄損」を理由とする訴訟提起は今後も増加するだろうと考えているが、暗澹たる気持ちになる人は多いはずだ。何かしらの「濫訴」対策を考えなければならない時期に来てしまったと筆者は考えている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中