フジテレビがコメントを求める弁護士の人選が笑えます 若狭勝弁護士はエクシアの元顧問弁護士ですよ!

 FNNプライムオンラインは21日付で「国内外で活躍のオペラ歌手“FX勧誘”で逮捕 SNSで豪華絢爛な生活ぶり…コロナ禍で異変」として以下のリンクの記事を配信した。

【参考リンク】

国内外で活躍のオペラ歌手“FX勧誘”で逮捕 SNSで豪華絢爛な生活ぶり…コロナ禍で異変

上記の記事からこの事件についてのコメントをした若狭勝弁護士と杉山雅浩弁護士のコメントを引用する。

逮捕を受け高倉容疑者は、「案内はしたが、勧誘という表現は納得できない」と、容疑を否認しています。「案内」と「勧誘」について、若狭弁護士によると…

若狭弁護士:

本当に親しい友達の内々で話をするのであれば、「案内」止まりということもあるかもしれませんが、ある程度広がりを見せて、友人からさらにその友人、あるいは不特定多数の人に広がっていく段階で案内をすれば、当然そこには意味合いとして「勧誘」をするというようなことが含まれてくると、一般的にはそういう評価がされうる。

今回もその意味では、いま6人で知人ということですが、さらに人数が100人以上いるということになると、全然知らない人からお金を出してもらっているというようなことにつながっていく。そうすると「案内」をしていただけではなくて「勧誘」をしていたという評価になっていく、という見方ができるのではないかと思います

仮想通貨やFXの投資詐欺などの相談を受けている杉山弁護士によると「最近は若い人がだまされることが多い。顔・名前を知らない人との会話に抵抗がなく、物価高など漠然とした将来への不安から、副収入を得ようとあり得ない話に乗ってしまう」ということです。

 この逮捕された高倉宏恵容疑者は何かと話題のエクシア合同会社の社員であることを公表していた人物である。エクシア合同会社は合同会社の社員権への出資で莫大なカネを集めたわけだが、どんな事でカネを廻して稼いでいるのか全く不明であり、すでに多くの民事訴訟が提起されているわけだ。エクシアが明言していた配当は滞り、すでに内部告発もなされている状況で、かつては「顧問弁護士」と記載されていた若狭勝弁護士らの有名弁護士の名はすでになく、悪徳出会い系サイトなどの返金の根切り交渉によく登場するBポジの小林ぐらいしかエクシアを相手にしていないようである。

 しかしフジテレビがエクシア元顧問の若狭勝弁護士にコメントを求めているのは絶妙な人選であろう。エクシアのカネ集めに若狭弁護士をはじめとする有名弁護士がお墨付きを与えたような印象を与えたのは否めない面があるのは事実だろう。こんな有名でテレビでよく発言する、ヤメ検の若狭弁護士が「顧問」なんですよと言われれば、「あの若狭弁護士が顧問であれば間違いない」と思った人もいるはずだ。若狭弁護士は次回テレビ出演する際には、エクシアのスキームに違法性は無いのかと、なぜ顧問を受けたのかをきちんと説明するべきであろうと思われる。

 フジテレビがもう一人コメントを求めたのは杉山雅浩弁護士であるが、この先生は「給与ファクタリング」とか「火災保険申請のサポート事業に加盟を呼びかける社団法人」の顧問と表記されていたセンセイである。

【参考リンク】

競合参入がほぼない弁護士主導の新しいビジネスモデルがあるそうです そんな事断言していいんですか? 弁護士としての品位を汚す可能性が高いと考えて心配しています

 杉山先生は、詐欺師には人権が無いと明言もしており、まぁそのそういうセンセイなわけであり、果たしてコメントを得るのに相応しい弁護士であるか相当な疑問を筆者は持っているわけだ。

 報道機関は、この手の詐欺の注意喚起を行うのであれば「投資」というのは博打でありタネ銭がスッカラカンになることもあるような事だよ、いま投資教育とか資産形成の教育などを持て囃しているが、そんな事よりも博打を打てばカネは増えることもあるかもしれないが、相当のリスクがある行為である事をよく啓蒙して欲しい。

 カネを持っているというアピールしたり何を喰ったとか、何を買ったとか自慢して自己顕示を図る「カネの亡者」とは一切縁を持たない事が何よりの自己防衛であることも一緒に報道すると猶更ありがたいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中