しかし、何で非弁屋関与のウェブサイトは似ているのですかね? みんな給与ファクタリングとかに関与した奴とか、懲戒処分複数回ばかりの先生方です

最近の非弁業界のトレンドが「国際ロマンス詐欺」の被害回復であることはお知らせしているとおりであるが、欠陥弁護士と呼ばれるにふさわしい面々がウェブサイトで集客をしているようだが、結構サイトが似ていることが笑えてしまう。

【参考リンク】

ファーマ法律事務所 独自ルートで調査・解決

国際ロマンス詐欺に強い弁護士 SKY綜合法律事務所

国際ロマンス詐欺相談窓口 街の灯法律事務所

 給与ファクタリングの「顧問」として多くのウェブサイトに氏名を掲載されていた、村上貴洋弁護士は、さくら共同から独立して、この手の案件の集客に力を入れている弁護士であり、全身「ダミエ」の詐欺の片棒を担ぐセンセイも同じく給与ファクタリングの顧問などを行った後に、国際ロマンス詐欺を「即解決」という広告で集客を図っていたわけだが現在はそのサイトは落としてしまっている。

 笠井浩二先生に三﨑恒夫先生は、古くから非弁屋と密接な関係をお持ちの先生方であり、非弁提携など日常的に行っている度胸と信念をお持ちの方たちなので、何を言われても全く意に介す事など無いだろう。

 このような集客サイトの特徴は年中無休とか24時間相談受付と銘打たれている事だろう。そのほか「独自ルート」というのも、ダミエ先生も集客の際に使っていたパワーワードであるが、詐欺師と独自の接点を持っているという事だろうか?まぁ金主が詐欺師であれば、ある意味それは真実であろうが本当に返金がなされるかはまた別の話だろう。

 この手の詐欺の返金という商売の非弁提携は、詐欺師の仲間割れでカモリストを持ち出して返金を促すアポ電などを行い、見込み客を弁護士に「振った」ことが端緒である。しかしながら、この手法はサラ金の顧客リストを持ち出して「過払い」の勧誘を行った「旧武富士」の連中こそが、名簿持ち出し商売の嚆矢であるので先例はあったということだ。

 筆者に寄せられている情報では、国際ロマンス詐欺事件の着手金で3桁の金額を提示している事務所もあるようだが、きちんと返金などが困難であることを説明しているのかが気になるところだ。

 国際ロマンス詐欺の二次被害と言われかねない、一部の弁護士の集客活動は当たり前だが「品位」を欠いていると判断されるはずだ。品位に欠けるような業務をなぜ行わなければならないのか、名義を貸したり非弁提携している弁護士たちはよく考えるべきだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中