犯罪弁護士法人公尽会(解散)とも深い関係があった三﨑恒夫弁護士(第二東京)が集団訴訟プラットフォームを開設し、事務所を移転しスカイ綜合法律事務所を開設しましたが、所属会が「第二東弁」と表記されているようです!

三﨑恒夫弁護士(第二東京)は非弁提携の常連であり、同じ会に所属する「懲戒スター」の猪野雅彦弁護士とも間接的に接点を持つ弁護士である。霊能者であり暴力団事務所の電話番も行う事で有名な元弁護士の小林霊光が深く関与していた犯罪弁護士法人と呼ぶにふさわしい「公尽会」にも三﨑弁護士は関与していた事でも有名である。

【参考リンク】

犯罪集団と深く関与する三﨑恒夫弁護士(第二東京)への激甘懲戒処分 第二東京弁護士会は実質的に「非弁行為」を容認か

三崎恒夫弁護士(第二東京)懲戒処分の要旨 2017年4月号 弁護士自治を考える会

 三﨑弁護士の新たな事務所のウェブサイトと、三崎弁護士が運営主体とされていている集団訴訟プラットフォーム「全員で訴訟のZENSHO」のウェブサイトを以下にご紹介する。

【参考リンク】

全員で訴訟のZENSHO

相談無料のsky綜合法律事務所

FX・仮想通貨に強いsky綜合法律事務所

 上記のウェブサイトをご確認頂いて感じることは、「非弁」という文字しか浮かばないという事だ。sky総合法律事務所のウェブサイト2件においては、三﨑センセイの所属会は『第二東弁』と記載されているが、このような略し方をする法曹は皆無であることからも、明らかに非弁屋が運営していることが分かるわけだ。訂正されてしまう前に以下に、この貴重な表記のスクショを置いておく。

 三﨑弁護士は70歳を超えているわけだが、現在非弁屋のトレンドの「国際ロマンス詐欺」「FX名目の詐欺」「仮想通貨名目の詐欺」の被害回復に全力を尽くし、集団訴訟も積極的に行うというのだから、精力的であることに驚いてしまう。24時間LINEで相談というのも凄い事だと思うが、誰が相談を受けるのかも気になるところだ。  いくら独自の気風を誇る第二東京弁護士会と言えども、上記の三﨑弁護士関連のウェブサイトを確認すれば、今同弁護士に何が起きているかぐらいは分かるだろう。早々に指導監督連絡権を行使して欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中