予想通り経営破綻の様子となってきた事務所の苦境 詐欺集団とコラボするようでは次はお縄ですよ!

筆者は以前に弁護士事務所が破綻する前兆についての考察を行ったが、どうもその考察を行うにあたって参考にした事務所が本当に青息吐息になっているとの情報が寄せられている。

【参考リンク】

弁護士事務所(弁護士法人)が経営破綻する前兆について

 所属弁護士が相当減った上に支店も複数閉鎖したようだが、代表は相変わらず詐欺集団からカネを引っ張るために日々腐心しているようであり、仕事になっていないようであり破綻に一歩一歩近づいているようだ。

 この事務所は、養育費の保証サービス会社と「提携」(現在は解消)した頃から、様々な話が「湧いて」いたわけであるが、そんな非弁の疑いがあるような業務を行う業者と結託するぐらいだから、「ゼニ」になればよいと考えていたのであろう。結果として倫理観をかなぐり捨てて「ゼニ」を追いかけたが、思うようにカネにならず家賃の支払いも遅滞したり広告代金の支払いも遅滞するようになったのであろう。

 いわゆる「非弁」的な広告屋は「成果報酬」という形で実質的に弁護士費用の配分を受領するわけであるが、そんな非弁広告屋ともカネを巡ってのトラブルが発生しており、集客にも大きな影響が出たようである。

 弁護士という職業は、規模を拡大したからと言って、その分収入が増えるわけではないわけだ。ものすごい優秀な弁護士であっても、優秀だからといって食えるわけでもない。主に人様のトラブルをメシの種にするわけであり、正論を言って「あんたバカですか」「さっさと諦めなさい」と絶えず述べていたらメシなど喰えなくなるわけだ。適度なサービス精神と営業力がなければトラブルの解決を依頼してくる人は少ないのである。そんな実情から考えれば弁護士は「人気商売」であり、いくら大量のリスティング広告を出稿しても客が来るとは限らないのだ。

 詐欺集団からカネを引っ張って苦境を乗り切る弁護士は多い。ロータスな正義の先生や猪野ちゃんなどは、そんな事は日常的であろうが、まともな弁護士はそんな金策はしないだろう。そんな事をしていれば、そのうち「お縄」になってしまう事を誰より一番理解しているのは弁護士であると思うのであるが、「カネに追われる」と「カネに色はついていない」として開き直って詐欺集団と結託する弁護士も多いのである。  この事務所の今後の行方にも注目していくが、筆者は「アクティブイノベーション」のような末路になるような気がしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中