弁護士の力量とは集中力の持続と根気強さではないですかね?「詐欺に強い」弁護士というのは主張が散漫で立証についての努力と構成力に欠けているイメージがあります

「詐欺に強い」というセンセイについての苦情的な情報提供が多く寄せられているが、そんなキャッチコピーに惑わされ委任をする人が多いことに驚いている。

【参考リンク】

詐欺に強いと自称する弁護士など信用しないほうが無難ですよ YouTubeなどでイキっている弁護士は暇な人たちが殆どです

 こんなセンセイに頼んだばかりに、任意の返還交渉は暗礁に乗り上げ、提起した訴訟の報告もキチンと寄せられず、傍聴に行くと被告からの答弁書の主張(準備書面ではないです)、きちんと応えられずに裁判官に「次回までにきちんと証拠を以て反論してください」とのご指示を受けていたとの事である。

 まぁ一般的にYouTubeなどで客集めをして着手金のダンピングなどをしている時点で正直なところマトモではないと思われることと、全国刑事告訴行脚の様子をSNSで発信して「詐欺師に人権は無い」と弁護士として動画で言い切っているわけだから、相当弁護士としての資質に問題があると思ってしまうわけだ。

 一人の弁護士で多くの詐欺事案を受任することは尊敬に値するが、起案の時間などが確保されているのかも気になるところであり、どう考えても「エイヤ」と雑な立証・構成での訴訟提起を行っているとしか思えないのである。

 弁護士の力量というのは、事件を法的に読み取る力にあると思うわけだが、それと同時に集中力の持続と根気強さこそが「力量」ではないかと思う事が多くなった。複雑な事案を簡便にまとめ、証拠との紐付けをしっかり行うには集中力と根気強さこそが必要だと思うからだ。訴状を起案しながら「クソ事件だな」と思って気力が萎えそうな時でも、集中力を保てる弁護士は立派なものだと、心から感心し尊敬する。また無理筋な主張に対しても、雑な反論ではなく丁寧にデタラメな主張を一点一点丁寧に反論し、しっかりと「潰し」に行く弁護士も立派だと思う。

 訴状は出したが、訂正に訂正を裁判所から求められ、訴状よりも訴状の訂正書のほうが厚くなるような事案もあるようだが、それでは笑えないだろう。裁判所の訴訟指揮の内容を理解せずに訴状に記載したことと同様の主張を繰り返し、「何が違法行為なのか」を法的に説明できず請求が棄却されたという場合には、「詐欺に強い」センセイに依頼した被害者たちは全く救われないだろう。また、詐欺集団などを訴える場合には、回収の目途なども依頼者に伝えなければかわいそうだろう。とりあえず債務名義を取得したいとか、債権者破産を掛けたいという事なら良いだろうが、「回収」を前提にした訴訟の場合には回収可能性が特に低い海外在住者とか、最初から「執行されるものなど何もない」という態度で開き直るような相手に対しては、判決は「紙切れ」でしかない事を説明しておかなければ場合によっては「二次被害」という評価にもなりかねないのである。  まぁ今後も「詐欺に強い」センセイが本当に詐欺に強いかに注目していこうと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中