ほぼ同時期に懲戒処分が明ける二弁の「懲戒スター」猪野雅彦大先生と、業務停止の累積期間記録保持者の笠井浩二(東京)大先生 今後は国際ロマンス詐欺の被害回復にでもかかわるような気がしてなりません

二弁の「懲戒スター」であり、特殊詐欺・悪徳商法集団から絶大な信頼を寄せられている猪野雅彦大先生が業務停止10月の懲戒期間が終わるのは9月9日である。また、業務停止期間の累積記録保持者(82ケ月)である東弁から愛される男である笠井浩二大先生の懲戒処分の終期も9月13日であり、ほぼ同時期に弁護士業界の名だたる二大巨頭の懲戒処分が明けるのである。

 このお二人ともに、非弁業界とも深い関係を持っていることから、懲戒明けから活発な活動を行うことが予想される。2人とも詐欺被害の被害回復とか以前から手掛けているが(名義を貸すだけ)今後は非弁屋が必死に名義を貸してくれる弁護士を探している「国際ロマンス詐欺」の被害回復のお仕事に名前を貸すような気がしている。

 猪野弁護士も笠井弁護士も絶えず「カネに追われる」弁護士であり、特に猪野ちゃんは億単位のゼニをパクったと指摘されている訳であり、目先のゼニが必要だと思われるので、非弁屋に「手付金」を要求して当座を凌ぐような気がするわけだ。

【参考リンク】

破天荒な猪野雅彦弁護士に浮上したとんでもない事実 敬天新聞

 もっとも業務停止が明ける前に敢え無くお縄になることもあるかもしれないし、大連に密航してしまうかもしれないから何とも言えないが、猪野ちゃんに貸しがあると思っている特殊詐欺集団などが逃亡を阻止することもあるだろう。何しろ、被疑者・被告人のためではなく、犯罪集団のために労を惜しまず弁護活動に当たってくれる稀有な弁護士なので「猪野ちゃんロス」は避けたいというのが犯罪集団の意向だろう。

 猪野ちゃんよりも年を重ねている笠井大先生は、そこまで積極的に動くことは無いだろうが今までの非弁屋との信頼関係から、依頼はすぐに来るだろう。但し、依頼者が幸せになる事は無いと思われる。  同時期に喪が明けるこの2人の「懲戒スター」の動向に注目していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中