簡単に人間は死ぬという事 明日の事などは誰もわかりません 守銭奴や驕り高ぶった人たちはしっかりと自覚すべきでしょうね 

安倍元首相が銃撃され亡くなった。参院選のさなかであった事もあり、「民主主義への挑戦」「暴力による言論弾圧」などとメディアも議員さんたちも騒いでいたが、犯人は政治テロではない事を供述し、安倍晋三と統一教会の関係性から、安倍元首相を銃撃したと述べているようである。しかし、実態はどうも政治テロなどではないようだ。

 捜査はまだ始まったばかりであるが、首相経験者が銃殺されたというニュースに触発されて、陰謀論や安倍元首相を批判していた勢力こそが問題であるとか述べている者もいるようだが、首相として国のかじ取りをしていれば批判されることは当然であろうし、批判を「なんでも反対」と捉えているバカ共が多くなってきたようだが、このような流れを見ると「天皇機関説事件」から「国体明徴決議」に至る流れを思い出す。紛れもなく、先の大戦に進む「空気」を作ったのは当時の国民であり、そんな空気を醸成したのはマスメディアの過激な報道と「煽り」があったわけだ。今は、マスメディアというより、誰も校閲せず自分の意見を垂れ流せるSNSが結構な「空気」を醸成するようであるが、床屋政談をウェブ上でやっているだけなのであるが、陰謀論とか妄想を語る人間たちは「真実を知らしめる」ためにセッセと投稿を行っているわけだから本当に質が悪いのである。

政権に対する批判を許すな、デモや演説の際のヤジを許すなと考えている人たちは治安維持法の復活をぜひとも陳情するべきであろう。あんたらの望む、「批判」も規制を治安維持名目でしっかりと取締してくれるはずだから、是非とも国民運動にして欲しいと思う。

国会答弁で100回以上の虚偽答弁を行った安倍元首相をひたすら「賛美」したり、「今そんな事をいう時期ではない」と主張する人たちは、結果的に安倍元首相を冒涜しているのである。我が国の首席宰相であった安倍晋三という人物については、様々な面から功罪を論じられるべきであり、不幸な事件で亡くなったことは事実であるが、功罪の「罪」の部分には全て触れないというのは失礼極まりない話なのである。人間誰でも良い面も悪い面もあり、「わるだくみ」をした「お友達」たちは当たり前だが良い面しかいうわけが無いのである。不慮の死であることは間違いなく同情する面もあるが、情緒に流されず冷静に安倍晋三という人物を分析をする事が今後必要であろう。

今回の事で分かる事は、人間は簡単に死ぬという事と、明日の事など何もわからないという事だ。まさに諸行無常、権勢を誇った安倍元首相も手製の銃であっけなく命を絶たれたのである。カネをひたすら追いかけ続ける「カネの亡者」と呼ぶのがふさわしい、特殊詐欺関係者や、従業員らへの福利厚生を無駄金と考える守銭奴たちや、偉そうな態度でふんぞり返って飲食店などで調子に乗っているバカ共に、「勝ち組」と自らを考えて調子に乗っている連中は「メメント・モリ」死はいつも隣り合わせであることを自覚しておくべきであろう。 カネも名誉も死んだら終わり、持って死ねるものは何もないのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中