弁護士作成の「聴取報告書」と、当事者の「陳述書」の内容の乖離 聴取報告書を作成した弁護士たちはこのような実情をどう説明するのでしょうか? 自分たちが「正義」を担い「大義」のために戦っているから、自分たちの解釈で当事者のお話を脳内変換してしまったのですかね?

農業アイドルについてのいわゆる「第一訴訟」の判決を受け、この訴訟の原告弁護団の行った記者会見についての議論が活発になっている。佐藤大和弁護士は記者会見に対する批判は「表現の自由」を理解しておらず、一方的な報道は報道機関の責任であるとの見解を示しているわけである。

 この「第一訴訟」の判決後の報道を受け、この事件というか、この事件に関わった弁護士の活動についての興味を持たれる方が多くなっているようだ。興味のある方は、この事件の時系列表と、佐藤大和弁護士らが、全く聴取した人たちの意にそぐわないデタラメな「聴取報告書」を提出したという旨の陳述書を、亡くなった方の同僚が提出している事を山口三尊氏が公開しているので、それぞれご確認頂きたい。

【参考リンク】

 大本裁判 時系列

 証券非行被害者救済ボランティアのブログ 農業アイドル事件同僚ら陳述書

 まぁ正直なところ驚き呆れて腰を抜かしてしまった。この時系列と陳述書の内容から鑑みれば、いわゆる「第二訴訟」の取下げは、タレント弁護士である佐藤大和弁護士が所属する日本エンターテインナーライツ協会が、愛の葉girlを積極的に応援しメジャー化することに協力することが実質的な和解条項であったという事なのであろう。

 問題は、亡くなった方の同僚らに接触し「陳述書」への押印などを依頼したが拒否された事から、「聴取報告書」として裁判所に証拠提出したが、聴取された当事者らが「人の名前を使って勝手な書面を作成するのは、どうかやめていただきたいと思います。」として憤慨し、この訴訟の被告側代理人の証拠となる「陳述書」を提出したという事であろう。この経緯は以前にデイリー新潮で報道されていたので、概要は分かっていたが、正直ここまで酷いとは思わなかった。もちろん、佐藤大和弁護士や望月弁護士は、この陳述の内容については真実と認めていないとは思われるが、あんたらが事ある毎に述べる「両論併記」のためにも勝手な書面を作成するなと言われている事についての感想や、ご自身たちがこんなことを陳述書に書かれた原因についての心当たりを教えて欲しいと思う。

 弁護士が依頼者に対して「陳述書の内容は私が作るので、先に署名押印だけもらって良いですか?」という話は実際には山ほどあると思う。しかしながら、そこには依頼者と弁護士の間の信頼関係が存在するわけであり、当たり前であるが完成した陳述書の内容も依頼者に確認を求めたうえで裁判所に提出するわけである。この訴訟の場合においては、原告弁護団の一部と、同僚たちの間に信頼関係が無かった事から、陳述書の作成は拒絶され、当事者の意にそぐわないというか「はぁ、なんやこれ?」というような「聴取報告書」を作成提出し、挙句の果てには「勝手な書面を作成するのはどうかやめて頂きたい」という趣旨の陳述書を相手方代理人らに提出されてしまった訳である。

 佐藤大和弁護士や望月弁護士が、いくら「そんな事はない」と否定しようと当事者らは裁判所に証拠として提出されることを認識したうえで勝手な書面を作成するなという趣旨の「陳述書」作成したわけであり、多少の認識の違いはあっても「勝手に書面を作成して裁判所に提出するな」と述べているわけだから、佐藤・望月弁護士共に何がしかは反省が必要な部分はあるではないかと思われるが、今のところはそのような言動は無い。

 自分たちには誹謗中傷の撲滅や、芸能界の旧弊を刷新する役割を果たしているという「正義」の担い手であり「悪徳プロダクション」と認定した敵と戦っているという「大義」があるから、俺たちの考えでは同僚たちはこう思っているはずだと考えて「聴取報告書」を作成したのかもしれないし、勝手に脳内変換して「同僚の言いたいことはこういうことだろう」と考えたのかしれないが、トンでもない行為と断じざるを得ないだろう。陳述書への押印を断られたから「聴取報告書」を提出したのかもしれないが、当人が述べた趣旨と異なる内容の証拠を裁判所に提出したからこそ、懲戒請求もされ、あんたらの言う「両論併記」もせず裏どりもせず公益性があるとは思えない事案で一方的な内容の記者会見を開き、タレント弁護士がテレビであたかも会見内容が真実であるかのようなコメントをしているからこそ、相手方は訴えていることぐらい理解できるはずだ。

 佐藤大和弁護士は弁護団にも誹謗中傷が寄せられていると述べている。誹謗じゃなく批判さされるのは当然だろう。望月弁護士は、相手方弁護士から懲戒請求をされたり民事でも訴えてられ、刑事でも訴えられていることに不満なようだが、当事者が勝手なに書面を作るなと言っており、代理人弁護士が就いている中での相手方との直接交渉を指摘され(望月弁護士は否認)ドンファン事件においても佐藤大和弁護士はテレビで疑惑の渦中の人を無実と述べたり、自分と関係の深い番組に出演させたり、ドンファン経営の法人で刑事告発をされるような疑わしい行為をしたわけだから、法的措置や懲戒請求は当然だろう。佐藤大和弁護士は、自らへの告発が不起訴になったドンファン事件について、告発者や代理人を虚偽告訴として刑事告訴したのかも教えて欲しい。

 誹謗中傷問題に熱心に取り組む佐藤大和弁護士は、いつも絶対的な被害者らと共に記者会見を行うが、必要なには、どんな表現を誹謗中傷と判断するのかという議論のはずだ。明らかな誹謗中傷よりも、批判を誹謗として変換して適切な批判を封じ、世論を誘導しようとする連中が弁護士を含めて多いことからも、どんな内容の発言が誹謗中傷であるかという議論を行うべきであると思うのである。  ぜひ多くの人に「人の名前を使って勝手な書面を作成するのは、どうかやめていただきたいと思います。」と記載のある書面の内容を確認して欲しい、こんなことを言われる弁護士は、ほぼ存在しないと思うからだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中