岩本一馬弁護士(第二東京)の懲戒処分の要旨 何で退会にしなかったのか理解できないぐらい呆れた内容です

自由と正義6月号は岩本一馬弁護士(第二東京)の懲戒処分の公告を以下のとおり掲載している。

1 処分を受けた弁護士 

氏 名 岩本一馬                      登録番号 33063

事務所 東京都新宿区西新宿3-9-7-220 岩本法律事務所

2 処分の内容  業務停止1年

3 処分の理由の要旨

  • 被懲戒者は、懲戒請求者Aから破産手続開始申立事件を受任し、2017年3月に着手金を受領したが、2018年11月頃、来週破産申立てをすると言って後、2020年3月頃まで懲戒請求者Aからの連絡に応じず、同年6月まで破算手続開始の申立をしなかった。
  • 被懲戒者は、懲戒請求者B弁護士がCの訴訟代理人として提起した損害賠償請求訴訟において、合同会社Dらの訴訟代理人として活動していたところ、2019年12月5日の弁論準備手続に出頭せず、また係属裁判所からの次回期日調整のための連絡に返答せず、期日呼出状が送達されると期日変更申請書を提出したが、その後係属裁判所からの連絡に返答しなかった。また、被懲戒者は、その後の弁論準備手続にも出頭せず、2020年3月24日に係属裁判所が、被懲戒者が訴訟代理人を辞任する旨の上申書を受領するまで、期日指定を繰り返し行わせ、期日呼出状を受領しようとしなかった。
  • 被懲戒者は、上記(2)の訴訟において、代理人となっていた被告の一人であるEに直接連絡を取った事もなく、その意思を確認しないまま訴訟追行した。また被懲戒者は、D社らとの関係では、2019年8月の期日以降2020年5月まで、被懲戒者に連絡を取ることができない状況にし、また、同年3月の辞任の連絡もしなかった。
  • 被懲戒者の上記(1)の行為は弁護士職務基本規程第5条、第6条及び第35条に、上記(2)の行為は同規定第5条、第6条及び第76条に、上記(3)の行為は同規定第5条、第6条、第36条、第44条及び第74条に違反し、いずれも弁護士法第56条第1項に定める品位を失うべき非行に該当する。

4 処分が効力を生じた日 2022年1月15日

引用以上

 まさに全くやる気がないばかりでなく、デタラメ極まりない行為を行っていた岩本弁護士であるが、僅か1年のお休みで済んでしまうわけである。

 それにしても、訴訟の遅延に行為に依頼者への確認・報告も行わずにデタラメな訴訟追行をしていたわけであるし、依頼者の連絡もぶっちぎっていたわけだから、最低でも退会命令に処すべきであったのではないだろうか。

 岩本弁護士には、大先輩の超絶欠陥弁護士である(すでに退会)の中田康一の影が見え隠れしていることからも、処分明けには非弁屋の走狗として復活する可能性も高いと思われるし、まともな業務を行わない可能性が高いだろうと思われる。

 しかし、ここまでの非行を行い、これだけ多数の規程に違反しても弁護士業務に復帰できるわけだから弁護士自治は素晴らしいと言わざるを得ないだろう。一般人が勤務先でここまでデタラメな事を行えば懲戒解雇は疑いの無いことであろうと思うが、弁護士業界は大幅に常識が異なるのである。

 独自の気風を誇る第二東京弁護士会は、岩本弁護士をなぜ退会にしなかったのであろうか?本当に理解できない独自の気風には驚くしかないが、弁護士自治の信託者である国民に害をなす可能性がある弁護士には毅然とした処分を下すようにして欲しいと切に思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中