悪質極まりない総合電商のリースバック商法 事件の首謀者のNは「逃げ切り」を確信し別の案件でのカネ集めを開始した模様です ブランド品を全身にまといジム通いする「カネの亡者」は地獄の業火の中を一生さまよい歩くようです

総合電訴訟の悪質極まりない「リースバック」商法をアウトサイダーズレポートが以下のリンク記事のとおり詳細に報じている。

【参考リンク】

【ミニ情報】巨額詐欺「総合電商事件」の手口、高利回り謳う〝リースバック商法〟で被害拡大

 上記の記事では、総合電商には「ある信用調査員は「金融業界で悪名轟く『架空リースのプロ』が総合電商に入り込んでいた」と指摘しており、それは間違いなくN崎のことであると思われるのである。

 N崎は、大手投資会社の女性役員と昵懇である旨などを常々述べてアルファベット3文字の「○○○」がカネを出すと言っているなど大ぼらを吹くことは日常茶飯事だそうだ。中身がスッカラカンの「カネの亡者」であることから、全身をブランド品で固めて、ジム通いを行い「エグゼクティブ」な外見を演出しているわけであるが、実際にはシルバー精工、エスシーエーホールディングなどを上場廃止に追い込み、詐欺師の藤本とセオリーなどという会社を営んでいたわけであり、まさに金融業界での悪名は高く、振り込め詐欺師と協働していた時期もあるわけであり、まさにハコ企業を食い荒らす「害虫」と表現するのが適切であろうと思われる。

 N崎はロックンロールな弁護士に「逃げ切り」を依頼している事から、縄付きになる事はないと考えて、すでにほかの案件で有名事件屋と共にカネ集めを画策しているとの情報も寄せられている。総合電商の被害者の中にはゼニカネの問題ではなく、N崎の責任追及することを考えている人もいるようであり、徹底的な調査を行っているとの情報も寄せられているので、N崎の「そのまま~!」という期待が果たされるかは微妙な状況であると筆者は判断している。

 まぁ、破産管財人も刑事告訴を推奨するような悪質なキュービクルの二重売買なのであるから、被害者らは当然のように捜査機関に走るはずである。その時に「現ナマ」で銭を抜いたから証拠は何もなくパクられるはずがないというN崎を捜査機関がどう判断するかは注目だろう。兎にも角にも被害者たちには被害届なり告訴状を捜査機関に出してほしいと思う。

 N崎の新たなカネ集めの詳細は、もう少し情報がまとまったらお知らせする予定だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中