破産管財人がキュービクルの多重譲渡を認識し刑事告訴を勧奨している総合電商の問題 犯罪常習ブローカーN崎は犯罪収益を持って海外で遊んでいるそうですから、被害者は積極的に刑事告訴をおこなうべきでしょう

総合電商の破産管財人は14日付で債権者から寄せられた問合せについての回答を公開している。

【参考リンク】

債権者から寄せられた問合わせとその回答(令和4年4月14日)

破産管財人弁護士服部秀一

 この総合電商の破産には、犯罪常習者のブローカーN崎が深く関与していることはお伝えしてきているとおりであり、このN崎は「管財人と親しいロックンロールなヤメ検に委任をしているから、自分が責任を追及されることは無い」「かえって被害者には感謝されている」などと嘯き、ブランド品の買いあさりを行い、スポーツジムに通い浪費に勤しんでいるわけである。

 管財人の上記の回答によれば

・総合電商の管理するキュービクル466台中320台が二重譲渡を含む多重譲渡があることが判明している。

・管財人としての刑事告訴を検討している。

・真の被害者といえるキュービクル投資家らが警察に被害届・告訴を行う事により司法当局の動きが活発化する。

 と述べており、犯罪常習者N崎の思惑とは異なってきているようである。まぁN崎の述べることを信じる者もいないと思うが、口先だけは達者な奴のようなので、最後の最後まで被害者面をして「俺は銭はもらっていない」と逃げ回るのであろうが、今現在も犯罪収益を原資にして海外で遊んでいるわけだから、ロックンロールな大先生を信頼しているのか、被害者らを「カモ」としてなめ切っているのであろうと思われるので、被害者の方々は弁護士に相談するなどして積極的に刑事告訴を行って欲しいと思う。

 しかし管理するキュービクルの約70%を多重譲渡していたのであるから、総合電商の行為は史上まれにみる悪質かつ計画的な詐欺行為であろう。N崎は多くの資産家や投資家にこの「キュービクルオーナーズプログラム」における出資を求めていたとの情報も寄せられており、N崎は間違いなくキュービクルの多重譲渡を認識していながらカネ集めを行っていたと思われるのである。

 様々な企業に入り込みあぶく銭を手にしてきた、N崎の命運が尽きる日は近いと思われるが、破産管財人においても、個別の被害者らにおいても、この悪質極まりない総合電商のキュービクルの多重譲渡を刑事事件化すべく積極的に動いて頂きたいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中