「日本一稼ぐ」と自称し書籍を出版している福永活也弁護士(東京)がすごい発言をしているとの情報が寄せられました。内容は以下のツイートですが、筆者は本当に驚愕してしまいました!

驚愕したのは以下のツイートである。

インフルエンサーと呼ばれるステマ屋からの訴訟依頼について違法にならない限りであれば手当たり次第に訴えることにより、結果的にインフルエンサーに対する批判を封じることができる事になる。さらに手当たり次第に訴訟提起することで、依頼者に対する批判の抑止のPR効果があると言っているようにしか思えない。

 また間にいる弁護士と裁判所が仕事になるという表現もあるが、裁判所に「仕事をやっているのだ」とでも言いたいのであろうか?また、間にいる弁護士は仕事になるとの表現もあるが、訴えられた被告の負担というものは眼中に無いようである。到底許されないような誹謗中傷であればともかくとして、どう考えても不適切や表現や、ステマ屋としてのあまりにもご都合主義の表現や、エセ医療に関する表現などの批判を「誹謗」として訴えたりすることは本人訴訟ならともかく弁護士としては感心しない訳であり、上述のように「濫訴」による「批判の抑止」は裁判所も弁護士も潤わせるという意見のようだが、裁判所からすれば大迷惑でしかないのではないだろうか?

 被告側にもフォロワーが増え、ギャラリーも楽しめて全員ハッピーなどという主張も本当に呆れてしまった。被告側はフォロワーが増加するより、訴訟を起こされている事の方が苦痛であることは言うまでもないだろう。行き過ぎた表現や誹謗中傷であれば、もちろん被告の責任でしかないわけだが、「手当たり次第」に訴え、インフルエンサーへの批判を抑止する効果を自ら述べているわけだから、インフルエンサーへの適切な批判で訴えられた人は本当に気の毒であると思うのである。

 要するに、福永弁護士の述べる違法にならない限りの「手当たり次第」の訴訟提起でハッピーになるのは、自分にとって都合の悪い批判を封殺する利益を得るインフルエンサーと、そのインフルエンサーから報酬を頂く福永弁護士だけだという事である。裁判所が利益を得る事など無いわけであり、裁判所の職員や判事が福永弁護士に「毎度!今回の訴訟提起ありがとうございます」なんて言うわけは無いだろう。訴状審査をしながらため息をついている裁判所書記官の姿を想像してしまうのは筆者だけでは無いと思う。

 裁判はギャラリーを意識して行うなどと考えていた事は無いので全く理解できないが、福永弁護士にとって裁判は一種のエンターテイメントなのかもしれないが、裁判所と被告にとっては迷惑この上ない話ではないかと思われるのである。それに、そんな「手当たり次第」の訴訟提起が今後もっと盛んになっていくわけなども無いはずである。そのような訴訟提起を是とする弁護士は大して存在しない事を筆者は確信している。

 それにしても紛争を煽るとしか思えない表現や、依頼者の請求が棄却されることも理解したうえで被告側の「勝ちましたPR」ができるから利益になるというような表現は、自ら濫訴であることを認めているとしか思えないし、依頼者原告がいくら批判封殺のための「濫訴」を依頼していたとしても怒るのではないだろうか?

 筆者は、福永弁護士の問題のツイートは以下の弁護士職務基本規程に抵触するのではないかと考えている。

(信義誠実)

第五条 弁護士は、真実を尊重し、信義に従い、誠実かつ公正に職務を行うものとする。

(名誉と信用)

第六条 弁護士は、名誉を重んじ、信用を維持するとともに、廉潔を保持し、常に品位を高めるように努める。

(正当な利益の実現)

第二十一条 弁護士は、良心に従い、依頼者の権利及び正当な利益を実現するように 努める。

(依頼者の意思の尊重)

第二十二条 弁護士は、委任の趣旨に関する依頼者の意思を尊重して職務を行うも のとする。

(不当な事件の受任)

第三十一条 弁護士は、依頼の目的又は事件処理の方法が明らかに不当な事件を受任してはならない

 

 請求が棄却されることを理解したうえで、被告も「勝ちましたPR」が出来てフォロワーも増えるだろうという考えは、真実を尊重し信義に従い、誠実かつ公正に職務を行っているように思えないし、名誉を重んじ、信用を維持しているとも思えず、依頼者の権利及び正当な利益の実現を行っているとは考えられない。依頼者の意志を尊重していれば被告の「勝ちましたPR」ができるだろうとう発言はあり得ないだろうし、提起した訴状の請求がほぼ認容されない事を理解したうえで、依頼者への批判の封殺を企図して「手当たり次第」の訴訟提起に及んだと述べているわけだから事件処理の方法が明らかに不当であるとしか思えないからである。

 福永弁護士にも言い分はあるだろうが、こんな発言を行えば炎上することは理解しているはずであり、自らに対する批判も湧き上がる事も理解していたはずである。こんな発信をする前に「この指止めよう」と思いとどまって欲しかった。本当に残念である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中