維新の会の弁護士(奈良)でもある前川清成衆院議員を公選法違反で在宅起訴との報道 維新の体質が表れているような気がします

NHKは22日付で「維新 前川清成衆院議員 公選法違反の罪で在宅起訴 奈良地検」として以下の記事を配信した。

日本維新の会の前川清成 衆議院議員が去年の衆議院選挙の公示前に、みずからへの投票を呼びかける趣旨の文書を有権者に送ったとして、奈良地方検察庁は22日、公職選挙法違反の罪で在宅起訴しました。前川議員は「選挙違反ではないと確信しています。裁判所で正義を訴えます」とコメントしています。

在宅起訴されたのは、日本維新の会の前川清成 衆議院議員(59)です。

起訴状によりますと、前川議員は奈良1区から立候補して、比例代表で復活当選した去年10月の衆議院選挙で、公示前にみずからへの投票を呼びかける趣旨の文書を奈良市内の35か所に郵送したとして、公職選挙法違反の事前運動などの罪に問われています。

郵送したのは封書で、宛先が書かれていない状態の「選挙はがき」が、知り合いの氏名や住所を記入して返信するよう求める依頼文とともに入れられていたということです。

選挙はがきは、選挙期間中は有権者に送ることが認められていますが「選挙区は『前川きよしげ』とお書きください」などと記載されていたことから、警察は事実上、公示前に選挙区の有権者に投票を呼びかけたと判断して、ことし1月に前川議員を書類送検し、奈良地方検察庁が起訴すべきかどうか検討していました。

前川議員は「選挙違反ではないと確信していますが、公判請求に至った以上、裁判所で『正義』を訴えます」とコメントしていて、22日午後5時から会見を開くことにしています。

前川議員は弁護士で、平成16年に当時の民主党から立候補して参議院議員を2期務め、内閣府副大臣などを歴任し、現在は日本維新の会に所属しています。

引用以上

 維新という政党は、一般の政党とは異なり(唯一似ているのがN国)、法令遵守を行う意思が希薄な政党である。今回も衆院選の公示前に投票を依頼する文書を有権者に送付したとして、前川議員は在宅起訴されたわけだ。

 前川議員は衆院議員でもあるが、弁護士でもあるわけで、例え自らが述べるように「選挙違反ではない事を確信しているにしても、李下に冠を正すような行為をしなければ、こんな事態にはならなかったと思うわけである。

 そもそも選挙期間中ではないのに自らへの投票を呼び掛ける選挙ハガキを封筒で送っていたわけであるからこそ、奈良地検は前川議員を起訴したわけであり、どのように前川議員が「正義」を訴えるかに注目したいが、維新という政党がなぜ選挙違反を繰り返すのかについても、弁護士である前川議員には分析をして欲しいと思う。

 維新が府政を牛耳る大阪においては、大幅な「効率化」の帰結として医療崩壊を惹起しコロナを蔓延させたばかりでなく、ワクチンの集団接種で荒稼ぎをした疑惑も噴出しているわけだ。

【参考リンク】

日本維新の会幹部「おともだち」医師の個人病院が異例のワクチン集団接種 1億円荒稼ぎの裏側

 本当にこの政党は何を考えているのか分からないが、維新を支持することは我が国を滅亡させることになる事を全ての有権者には自覚して欲しいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中