リーガルビジョン関連法人ら、もしくはロックンロールな弁護士さんは訴状が届いたらきちんとメディアにお話してくれるんですかね?後継法人が「直営」している事務所所属の弁護士さんたちは首筋に寒さをお感じになっているのであれば、早めに所属会に相談するべきでしょう

 東京ミネルヴァを支配していた「元武富士」というだけなく「元ヤミ金」で暴力団との関係性を判決に記載されていた会長様たちと「元武富士」の社員グループの整理屋であると断じられて、広告代名目の「横領金」の返還を東京ミネルヴァの依頼者らから提起されたわけである。

【参考リンク】

東京ミネルヴァ法律事務所は「元武富士」の社員グループの「整理屋」が支配と断じ、被害者らが提訴に踏み切ったとの報道 そんな連中の「顧問」をしていた弁護士らこそが「社会正義の実現」を阻害したという事です

 上記の報道がなされた際にはリーガルビジョン関連法人などは「訴状が届いていない」「顧問弁護士にまかせてある」としてコメントは避けたわけだが、訴状が届いたら会長様かデイリー信販時代から訴訟の際には代理人を務めていた顧問と思われるロックンロールな大先生が何らかの会見を開いてくれるのであろうか?被害対策弁護団から「整理屋の跋扈を許せば、弁護士の社会的信頼は揺らぐ」と指摘されているのだから、まともに弁護士広告業務を行っている自負があるのであれば、法廷のみならず世間様にも理解できるように反論すべきであろう。

 繰り返しになるが、ロックンロールなヤメ検様も、どう考えても脱税事件後もこの会長様が実質的に支配・運営していたリーガルビジョン関連法人や「直営」事務所の実情をご存じであったはずだから(だから、当時川島弁護士を「呼び出し」したんですよね)、しっかりと訴状を確認後に記者会見を行って欲しいと思う。

 被害対策弁護団は、管財人や一弁とも情報共有をしていると思われるので、このような訴訟を提起したという事は、管財人のリーガルビジョンらに対する否認権行使に何らかの動きがあったとみるべきであろう。リーガルビジョン関連法人が届け出た債権を全て撤回などさせたうえで、長期にわたる否認権行使訴訟を何らかの和解解決で終局させ、被害者らから直接リーガルビジョン関連法人らに損害賠償請求をさせる方策なのではないかと推測している。  こうなってくると会長様やリーガルビジョン後継法人に「飼われてる」先生方は首筋が寒くなってきているのではないだろうか?非弁屋と決別したいと考えている先生方は、早めに所属会に相談するべきであろう。今のまま「飼われ」続けられても、上がり目も無ければ良いことも無いことぐらいは分かっているはずであり、場合によっては弁護士法違反で挙げられるわけだから、よく考えて自分が助かる方法をよく検討するべきであろう。会長様があなた方の一生を保障してくれるわけでは無いことぐらい分かっているのだから、いい加減に目を覚まして欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中