今年も相変わらず、実体のない登録をしている藤田和史弁護士(第一東京) 福島で姿を見かけたとの話もありますが何をしているのですかね?

京大卒の優秀な頭脳を誇る藤田和史弁護士(第一東京)が、弁護士業からブローカー稼業に軸足を移し、登録先の事務所から姿を消してから結構な月日が流れているが、今年になっても事務所登録の変更はなされていない。

【参考リンク】

藤田和史弁護士(第一東京)の登録先の住所は現在空室で賃借人の募集がなされている状態です!同一住所にあったアロハコインの胴元の有限会社ゴールドコマンドの電話も藤田弁護士の事務所と同様に不通です

 最近はほぼ弁護士業務を行っていないのとの情報も寄せられており、依頼者からもカネを引っ張っていたことからも、弁護士業務を行いたくてもできないのかもしれないのではないかと思われる。

 藤田弁護士は、WFCコインやアロハコインというインチキ仮想通貨に深く関与しており、WFCコインに関しては説明会に登場したり、アロハコインにおいては胴元の石山の事務所に同居していたわけであるから、色々と寒いことも多いのであろうと思われる。

 それにしても、第一東京弁護士会は、藤田弁護士に対して適切に事務所登録を行うよう指導などを行うべきであろう。すでに箱崎の事務所にいない事は会員課も把握しているであろうし、紛議調停などが提起されていたことも役員らも知っている訳なのであるから、きちんと指導監督連絡権を行使するべきなのである。

 最近は福島県で藤田弁護士を見かけたという情報も寄せられたが、裁判所に出頭する用事では無いようであり何らかブローカー活動だとの事である。周囲には「もう弁護士業務はやる気が無い」との話もしているとの事なのだから、弁護士バッジを返して登録抹消をすべきであると思うのであるが、懲戒請求などがなされバッジを返上できない状態なのかもしれない。

 所在不明の藤田弁護士について第一東京弁護士会は今後どのような対策を取るのであろうか?少なくとも「登録先」の事務所は既に存在しないことぐらい、きちんと会として告知を行うべきであり、そんな状態が続くのであれば会として懲戒請求を行うべきであろう。  最近は「連絡不能」の弁護士が増加しているとの話もよく聞く。日弁連・各単位弁護士会は連絡不能となった弁護士について国民に対して注意喚起を行う事を検討するべきであろう。その程度の事を行うのは当然であると思われるからだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中