佐々木智英弁護士(神奈川)に業務停止1年の懲戒処分 職務懈怠と連絡不能に会費滞納なんですから退会してもらった方が良かったのではないですかね?

神奈川県弁護士会は21日付で以下の会長談話を公表し、佐々木智英弁護士に業務停止1年の懲戒処分を下したことを告知している。

当会会員に対する懲戒処分についての会長談話

2021年12月21日更新

本日、当会は、2021年10月20日付け懲戒委員会の議決に基づき、当会の佐々木 智英会員に対し、業務停止1年の懲戒処分を行い、効力を生じました。

今般の懲戒処分は、同会員が、①録音反訳等を自ら発注し、その納品を得ておきながら、受注者が提訴した少額訴訟の認容判決が確定しても直ちにはその代金を支払わなかったこと、②当会の会費等を上記議決日現在において15か月分滞納したこと、③当会市民窓口に同会員に関する多数の苦情が寄せられたために、当会役員から繰り返し呼び出しや連絡を試みたものの適切に対応せず、当会と連絡困難な状況を作出し、同市民窓口の機能や設置目的を妨げる等したこと、④国選弁護人として選任された刑事弁護事件において、裁判所が同会員と連絡がとれなくなり、裁判所により解任されたこと、⑤受任した損害賠償事件について、依頼者に処理状況等を適時適切に説明せず、連絡のとれない状況にしたことによるものです。

これらの多岐にわたる行為は、いずれも弁護士の品位を失う非行(弁護士法第56条1項)に当たる行為であり、当会のみならず、市民や裁判所、諸機関等に多大な支障を及ぼす重大なものです。ひいては、弁護士や当会に対する市民の皆様の信頼を損なうものであって極めて遺憾と言う外ありません。

当会としては、弁護士及び弁護士会に対する信頼回復に努め、弁護士の職務の適正の確保に向けてより一層真摯に取組を行う所存です。

2021年12月21日

神奈川県弁護士会 会長 二川 裕之

引用以上

引用元 当会会員に対する懲戒処分についての会長談話|神奈川県弁護士会 (kanaben.or.jp)

 今回の懲戒事由は、反訳者の作成を依頼しその納品を受けただがすぐに代金を払わなかった、会費を15ヶ月滞納している、市民窓口に多数の苦情が寄せられたが、神奈川県弁護士会からの連絡などにまともに対応しなかった、国選事件を放置し、裁判所から解任された、委任を受けた案件の依頼者にマトモな報告をしないで、連絡不能の状態であった、という事のようである。この内容から考えれば、佐々木弁護士はもう弁護士業務を行う意欲は無いのであろうと思われる。もうやる気が無いと思われるわけだから退会命令でよかったのではないだろうか?

 佐々木弁護士は新62期の修習であり、最初は岡山県弁護士会に登録をしていたようである。岡山の「名門」事務所に所属していたようだが、独立し横浜の市ケ尾で事務所を開設したようである。弁護士登録が2009年なので、約10年間の弁護士業務に疲れ果てて職務を放棄したのか、それとも「カネに追われて」にっちもさっちも行かなくなったのかは不明であるが、普段は日弁連・各単位弁護士会は会員の「メンタルケア」に取り組むと告知している訳なのであるから、若手会員について職務の独立に配慮しながら、積極的に事務所運営や資金繰りの問題などに乗ってあげるべきだろう。若手でも年寄りでも弁護士が非行に手を染める、または職務懈怠に陥る原因のほとんどは「カネ」の問題であろうと思われるが日弁連・各単位会ともに会員の懐具合の相談に乗らないわけであり、同期で困窮した仲間にカンパをするとかが関の山なのである。そんな事だから、「カネに追われた」弁護士が依頼者のカネなどに手を付ける事になるわけなのである。いい加減に日弁連・各単位弁護士会は弁護士の金銭的な問題の相談に乗る窓口を作り、融資のあっせんでもしてあげるべきではないかと筆者は思うのである。

 一人事務所の弁護士は、金策から集客から何から何まで行うわけであり、そんな事に付けこんで「コンサル」名目の非弁屋の勧誘に乗ってしまい、弁護士生命を棒に振ってしまう者も少なくは無いわけだ。従前の「徒弟制度」から司法制度改革を機に大きく様変わりした弁護士業界では、「即独」やあまり経験を積まない中での独立なども多くなったわけであるが、もちろん能力のある弁護士であれば、それでも仕事を廻して行けるとは思うが、そうでない弁護士も多いはずである。所属弁護士が「独立」する際には、かつての徒弟制度の中では「のれん分け」的な顧客の引継ぎなどがあったわけであるが、そんな慣習も今後は更にすたれていくだろうと思われる。

 佐々木弁護士はまだ40歳である。心を入れ替えてやり直しを図る事も充分に可能である年齢であると思われる。神奈川県弁護士会も、以前所属していた岡山の事務所のボス弁なども積極的に佐々木弁護士の更生に力を貸してあげるべきではないだろうか。弟子や後輩の面倒を良くも悪くも見て𠮟咤激励と共に援助もする徒弟制度のよい部分は受け継いでいくべきであろうと筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中