自分で描いたイラストがフィクションであり原告と同定できないと言ったとしても、そんな話は通じるわけもないでしょ?伊藤詩織氏への誹謗中傷するようなイラスト等を公開した漫画家らに110万円の賠償命令

 時事通信は11月30日付で「漫画家らに110万円賠償命令 伊藤詩織さんの名誉毀損 東京地裁」として以下の記事を配信した。

ツイッターに投稿されたイラストなどで名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが「はすみとしこ」のペンネームで活動する漫画家の蓮見都志子さんら3人に計770万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。

 小田正二裁判長は名誉毀損(きそん)を認定し、3人に計110万円の支払いを命じた。

 判決によると、蓮見さんは性暴力を受けた伊藤さんとみられるイラストと「枕営業を仕掛ける」「試しに大物記者と寝てみた」などの言葉をツイッターに投稿。男性医師と男性クリエイターはこれらの投稿をリツイートした。

 伊藤さんは性被害を受けたとして元TBS記者を告訴し、東京地検は準強姦(ごうかん)容疑について不起訴処分としていた。蓮見さんはこうした事実を挙げ、伊藤さんの訴えが虚偽だと信じる相当の理由があると主張したが、小田裁判長は「(不起訴の)理由が明確ではないことを踏まえると、性被害の不存在を認めるに足りる事実とは言えない」と指摘。名誉毀損の成立を認めた。

 またリツイートは、医師やクリエイターの発言や意見と見なし、「それぞれ責任を負う」と判断。蓮見さんに88万円、他の2人に11万円ずつの賠償を命じた。

 判決後に記者会見した伊藤さんは「蓮見氏のイラストにはまだ苦しく感じる部分がある。判決は大きな一歩だと思っている」と述べた。 

印用以上

 この訴訟においては漫画家は「元TBS記者の言い分を記載したにすぎない」とか「イラストは伊藤氏と同定できない」などと主張していたようだが、イラストは明らかに伊藤氏の容貌に酷似していることや、「枕営業」などの文言が付されている事からも、名誉棄損が認定されるのは当然の事であろう。大体山口は大物記者などではなく、ただの安倍の提灯持ちでしかない訳であり、まぁロクでもない内容を投稿して伊藤氏を侮辱したことは間違いないわけである。そんなことからも伊藤氏の行動・活動についての「意見論評」とは到底判断できない内容であり、妥当な判決ではないかと思われる。

 伊藤氏の言論人として言動などを批判することまでは構わないと思うが、単に誹謗するだけとしか思えない投稿をしておいて、「同定可能性がない」などと主張する事自体がみっともないしカッコ悪いと思うのであるが、この界隈の人たちはそんな事は恥とは思わないようである。覚悟をした言論なのであれば、私は確信を持って伊藤氏の言動が気に入らないので伊藤氏を揶揄するイラストを描いて批判をしたと述べるべきであり、法的な責任を全て取る覚悟で投稿を行い、社会に一石を投じたかったと主張して欲しかったが、そんな覚悟は毫も無かったという事であろう。

 世の中様々な意見があって良いとは思うが、狂信的なアンチフェミニストとかネトウヨという連中の意見は、本当に画一的であり個人それぞれの思想が皆無なのが特徴であり、「批判」というものがどういうものか理解できないので「批判」を「文句」と認識するのが特徴であろう。民主主義社会において、健全な批判は必要な事であるわけだが、そのような批判をすると「文句しか言わない」という回路になるようであり、そんな意見がマスコミでも跋扈しているので維新のようなバカ政党の勢力が伸長するのであろうと思われる。  まぁ今回の判決をしっかりと漫画家さんや何も考えずリツイートした方たちは受け止めて、今後の行動を律する材料にして欲しいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中