日大 田中理事長を逮捕 日本大学は教育機関としての誇りをかけて、この機を逃さず徹底的に田中理事長とそのお仲間を排除するべきです

読売新聞オンラインは29日付で「日大・田中英寿理事長を5300万円脱税容疑で逮捕…東京地検特捜部」として以下の記事を配信した。

所得税約5300万円を脱税した疑いがあるとして、東京地検特捜部は29日、日本大学の田中英寿理事長(74)を所得税法違反容疑で逮捕した。

 関係者によると、田中容疑者は、日大医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え計画などを巡り、背任罪で起訴された医療法人「錦秀会」前理事長・籔本雅巳被告(61)などから、昨年までの間に少なくとも8000万円を受領した疑いが浮上していた。

 特捜部は今年9月、板橋病院を巡る背任事件で日大本部(千代田区)や田中容疑者の飲食店兼自宅(杉並区)などを捜索。同病院の建て替え計画や医療機器の調達に絡み、日大に計約4億2000万円の損害を与えたとして、10~11月、籔本被告と元日大理事・井ノ口忠男被告(64)を2度、逮捕・起訴した。

 特捜部はこの捜査の過程で、田中容疑者から複数回にわたり事情聴取を実施。田中容疑者は資金流出への関与や、籔本被告らからの現金の受領を否定していた。

 日大のホームページによると、田中容疑者は1969年日大経済学部卒。同大保健体育事務局勤務などを経て、99年に理事となり、2008年に理事長に就任した。監督を担った同大相撲部の人脈などをもとに13年間にわたりトップを務め、大学外でも日本オリンピック委員会(JOC)副会長や国際相撲連盟会長などを歴任した。

引用以上

 日本大学は理事長の逮捕という前代未聞の事態に陥ったわけである。田中理事長の依頼を受けた超高級弁護士集団は有罪判決の確定までは「推定無罪だ」と憤るかもしれないが、教育機関である大学のトップが脱税容疑でパクられたわけなのであるから、大学にとって「大スキャンダル」であることは間違いないだろう。

 それにしても、理事長の暴力団トップとのツーショット写真が出回り、アメフト部においての「危険タックル」の問題などが発生した際などには、田中理事長の排除が可能であったはずと思われるが、結局は田中専制体制を大学は崩さなかったことから、また更に大学の看板に泥を塗る事態が発生してしまったことに気付くべきなのである。

 今回の被疑容疑において田中理事長が起訴になろうと不起訴になろうと、李下に冠を正した田中理事長の責任は重く、今までの専制体制が大学という教育機関にそぐわない事、「反社」の影がちらつく事などから、日大の理事も職員も学生も皆で田中理事長の大学からの排除について協力をしていくべきであると思われる。

 田中専制支配の「力」となったのが何処にあったのかを、大学の理事らはしっかりと究明し、力の源泉が「暴力」にあったというなら、その力の源泉の徹底的な排除を行うべきと考える。

 別にどんな学歴・経歴の人物が理事長になろうと構いはしないが、少なくとも犯罪に積極的に関与したり、大学の財産を毀損させるような行為に加担したり、大学の名誉よりも自分のフトコロの心配ばかりをするような人間に理事長職など務まるわけがない事は異論はないと思われるが、そんな人間が理事長職を10年以上務めてきたわけであり、まさに「異常事態」であったわけだ。田中理事長のガラが取られている間はさすがに「反社」が動くことは無いと思われるし、クーデターの最高の機会であるはずなのであるから、いまこそ全ての日大関係者が立ち上がる時期である。田中理事長の排除に全力を尽くしてほしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中