逮捕された株主優待券ビジネスでカネ集めを行ったCTN菊田は集めたカネの多くを詐欺師に持っていかれた様子もあります 元弁護士の若梅明と共謀して債権回収を図った元船井総研の事件屋なども事情を聞くべきはずです

株主優待券ビジネスでカネ集めをしたCTNの菊田についてネット上では様々な情報が浮かんできているが、カネ集めをした菊田は多くの詐欺師たちにカモられていたような話は以前から寄せられている。

 菊田は多くの被害者から集めたカネを様々な事業への投資に充てて、ほぼすべての事業がコケているようである。

 菊田と共に逮捕された熊野裕介は、不動産会社クイーンズコートの代表に据えられているが、元々は黒木正博の知人らしく、この詐欺スキームに黒木が当初は関与していたという話もまんざら嘘では無いようだ。この熊野のクイーンズコートの代表者も変遷が続いた時期があり、このクイーンズコート所有の不動産を巡って、様々な勢力が「キリトリ」に動いていたのは間違いないようだ。そのほか、旅行会社に結婚式場など、いわゆる「クソ物件」のような法人を購入もしていたようであり、クイーンズコート以外にも詐欺師としか言いようがない沼野のTWSアドバイザーズにも相当なカネが廻っており、菊田がキリトリに来た相手によっては「沼野から回収してくれ」と開き直る場面も相当あったようである。笑い話であるが、沼野は何かの詐欺に引っ掛かって被害者ぶっているとの話もあり、詐欺師はカネに貪欲ゆえに別に詐欺師に騙されるという事が良く理解できるのである。

 大阪府警は、すでにCTNの株主優待券ビジネスに実態が無いことの裏を取ったからこそ「詐欺」として菊田らを逮捕したと思われるが、この菊田らに対して苛烈な「追い込み」を掛けてカネを回収した詐欺集団の連中や、一緒に逮捕された上林を攫って車などを売らせたチンピラたちについても徹底的な捜査をすべきなのである。それと共に、弁護士資格を喪失しながらも、元船井総研の事件屋と共謀してキリトリを図った若梅明や事件屋などからも、この事件の詳細を聞くべきであろう。そのうえで若梅については非弁行為で送検するべきであると思われるし、登記簿などをいじって回収を図ろうとした甲府の事件屋などもしっかりと罪に問うべきなのである。

 菊田は、アシがつかないように現ナマでの集金を図っていたようであり、すべて「借用」という形で出資などの契約は締結していなかったようである。そんなスキームを誰が考えたのか菊田はすべてさらけ出して、まともな被害者の被害回復を図るべく情報を提供して自らの情状に当てるべきであろう。そのうえで、詐欺の上がりなどを投資してきた連中については背景からどこの連中がキリトリに来たかを詳細に捜査機関に話すべきなのである。

 それに印鑑証明を誰に頼んで偽造してもらったのかもすべて自白して欲しい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中