事務員へのセクハラは戒告で済ませるのが弁護士自治のようです 東北弁護士連合会の会長も務めた熊谷誠弁護士(山形)は事務員の人権は尊重しないようです

自由と正義11月号に、本当におぞましいとしか言いようがない熊谷誠弁護士(山形)の懲戒処分が掲載されている。以下に公告を引用する。

1 処分を受けた弁護士氏名 熊谷 誠

登録番号 15062

事務所 山形市市宮町2-6-34-10 熊谷誠法律事務所 

2 懲戒の種別  戒告  

3 処分の理由の要旨

被懲戒者は、被懲戒者が経営する法律事務所に事務員として勤務していた懲戒請求者に対し2017年末頃から2018年4月までの間、複数回にわたり、事務所において、部屋に二人しかいないところで、懲戒請求者が依頼することがなかったにもかかわらず懲戒請求者の足をマッサージし、また同年1月頃及び5月1日、事務所において、懲戒請求者の意に反する性的に不快な発言するなどの言動を行った。被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

4 処分が効力を生じた日 2021年6月24日

引用以上

 熊谷弁護士は28期修習の大ベテランであり、東北弁護士連合会の会長も務めた山形県の有名弁護士である。そんな立派な弁護士が、約半年間にわたって、自らの事務所に勤務していた事務員の足を頼まれもしないのに「マッサージ」を行い、事務所で性的な発言を行ったという事だ。老いらくの恋だったのか、欲望を自制できなかったのかは不明であるが、頼んでもいないのに足のマッサージを良い年をした弁護士からされた事務員の方の恐怖は想像に余りある。事務所の「経営者」「ボス」として、また有名弁護士であり東北弁護士連合会の会長まで勤めた「良識」「品位」ともに兼ね備えた人物と周囲からは目されていた有名弁護士がそんな愚かな行動をするとは思いもよらなかったであろう。

 社会正義の実現を使命とする弁護士が、自分が雇用する事務員が容易に自らの「マッサージ」を拒絶できないと考えて、このような愚挙に及んでも単なる「お叱り」に過ぎない「戒告」で済んでしまうのであるから驚きだ。一般企業であれば当たり前であるが代表であれば解任されるだろうし、雇用されている者であれば懲戒解雇であろう。山形県弁護士会の熊谷弁護士への「忖度」であったのかは分からないが、こんな色ボケ爺さんにはもっと重い処分を科すべきであったはずであろう。

 熊谷弁護士は事務員の「人権」には配慮しなかったのであろうか?自らの欲望のために被害者の人権を踏みにじったわけであるから、自分でバッジを返すべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中