ついに株主優待券事業名目でカネ集めを行っていたCTNの菊田裕樹ら4人を逮捕!CTNには多くの詐欺集団から半グレまでが出資しており、そいつらのカネの流れも判明すれば詐欺集団の壊滅の一助になるはずです

 時事通信は20日付で「4億円超詐取容疑で3人逮捕 株主優待めぐり出資話 大阪府警」として以下の記事を配信した。

株主優待券の売買などへの出資をかたり、現金計約4億3000万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は20日までに、詐欺容疑で株主優待関連事業を手掛ける「シー・ティ・エヌ」(東京都渋谷区)の代表取締役菊田裕樹容疑者(54)=住居不定=ら3人を逮捕した。

 同課は3人の認否を明らかにしていない。

 他に逮捕したのは、いずれも無職で元同社執行役員の熊野裕介(63)=茨城県つくば市研究学園=、元同社統括本部長の上林秀克(48)=東京都台東区東上野=両容疑者。

 菊田容疑者の逮捕容疑は2019年4~6月、証券会社が実施する商品券など株主優待の入札に出資すればもうかるなどとうそを言い、大阪市の40代男性から5000万円、同市の50代男性から2回にわたり計約3億8900万円を詐取した疑い。 

引用以上

 CTNの首魁であった菊田らの逮捕容疑は約4億3000万円の詐欺容疑であるが、CTN事態では200億円以上の出資を集めていたようである。

【参考リンク】

株主優待券事業名目でカネ集めをした「シー・ティ・エヌ」についての続報 菊田は胃が悪いそうで入院していると言っていたそうですよ 事業の再生は不可能でしょうし、お友達たちも不動産投資名目の詐欺行為を繰り返している様子です

 上記に引用した報道では菊田は「住所不定」となっているが、すでに逮捕を見越して住所地などを定めなかった可能性もあることと、「仲間」の岩本陽二の逮捕を(別件)を受け「寒がって」あちこちを転々としていた可能性もあるだろう。

 今回逮捕された熊野は、不動産会社「クイーンズコート」の元代表者であり、上林はCTNの配当が止まってからは、菊田とお互いに悪口を言い合っていた者である。今回の逮捕容疑については「共謀」していたという事であろう。

 このCTNのカネ集めの特徴は、詐欺集団や半グレからの出資を受けていたという事であろう。欲の皮の突っ張った名古屋のインチキ節電屋とか、投資詐欺集団の幹部連中が菊田の述べる「超高利回り」に惹かれて「現金」で菊田にカネを預けたわけである。そんな連中は警察に行くわけにも行かないのでチンピラを「ツケ馬」として菊田に張り付かせたり、「攫う」などして回収を図っていたわけであるが、思うように回収はできていなかったようである。

 今後の捜査で、何度も再逮捕がなされるかは不明であるが、全国各地でCTNに対する被害申告はなされているようであり、「移送」につぐ「移送」という事はある可能性もあるが、菊田に流れ込んだ犯罪集団のカネを追いかけていけば詐欺集団の壊滅の一助となる事は確かであろう。

 確かCTNは民事上の代理人として相場中行弁護士が受任通知を発送していた事、そのほか大阪の谷口進弁護士も同社の代理人のはずである。大阪で逮捕されたので、刑事弁護を谷口弁護士が受けるのか、相場弁護士が受けるのかも気になるとことだ。

 今後の捜査の動きに注目していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中