詐欺業界の「猪野ちゃんロス」は結構深刻な様子です 余人に代えがたい倫理観を持つ「懲戒スター」の存在の大きさはなかなかのもののようですね!

二弁の「懲戒スター」である猪野雅彦弁護士の業務停止10月の処分が詐欺業界に大きな衝撃を与えているようだ。

【参考リンク】

二弁の「懲戒スター」猪野雅彦弁護士に業務停止10月の懲戒処分 今回で5回目の懲戒処分ですが、第二東京弁護士会は「退会」も「除名」も選択しない独自の気風を貫いています!

 投資詐欺集団やインチキ出会い系サイトの連中は刑事弁護を「物わかりのよい」猪野弁護士に依頼することが多く、「口裏合わせ」から「証拠隠滅の指示」まで安心して任せられる弁護士として信頼が厚い猪野ちゃんの業務停止により、一体今後は誰にそのような依頼をすればいいか悩んでいるようである。

 テキシアジャパンの事件でも「ハト」として活躍した藤田和史弁護士はすでにブローカー業が本業であり、有名ブローカーの名を出してブローカーとしての営業を行っているようであり、すでに実質的に弁護士業務は行っていないらしく刑事弁護を依頼することは困難であろうし、同じようなことを行っていた張先生に依頼するしかないのではないかと筆者は考えている。

 猪野ちゃんは、本当のその世界では「大先生」であり、多少示談金として預けたカネを使いこまれようと、娑婆で「寒がっている」連中からすれば、ホットな情報を運んでくれる頼りになる弁護士であり(被疑者・被告人のためにはならないが)、猪野ちゃんが長期のお休みという事で、その役目を果たせる器量のある弁護士がなかなかおらず、改めて猪野ちゃんの偉大さを実感しているようなのである。

 大袈裟に言えば、猪野弁護士が弁護士業界に不在の間に大型詐欺事件や出会い系サイトを利用した詐欺事件などの捜査を行い被疑者らを確保すれば、猪野ちゃんが不在であることから犯罪集団と逮捕者らのコミュニケーションが困難になる事から、起訴率はあがるはずであると考えられる。捜査機関はこの機を逃さず詐欺集団の徹底的な摘発を行って欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中