第一東京弁護士会は藤田和史弁護士と渡辺征二郎弁護士についての注意喚起を行うべきでしょう

何度も繰り返すが、藤田和史弁護士は弁護士として登録している事務所にはすでにその場所には、存在しない。また渡辺征二郎弁護士の登録先は不動産屋の事務所内であり、高度な守秘義務が求められる弁護士業務を遂行できる環境にはないことは明らかである。

【参考リンク】

欠陥弁護士渡辺征二郎(第一東京)の登録住所は不動産会社です。欠陥弁護士による被害を防止するためには各単位会の指導監督連絡権の適切な行使が必要なはず

藤田和史弁護士(第一東京)の登録先の住所は現在空室で賃借人の募集がなされている状態です!同一住所にあったアロハコインの胴元の有限会社ゴールドコマンドの電話も藤田弁護士の事務所と同様に不通です

 明らかに業務ができる状態ではないと思われる弁護士らについて、なぜ所属会の第一東京弁護士会は注意喚起を行わないのであろうか?同会では、東京ミネルヴァ法律事務所の破産事件などでも、欠陥弁護士問題について見識を深めたはずであり、弁護士自治の信託者である国民に被害が発生する前に、弁護士の職務の独立を侵さない程度にきちんと指導監督連絡権を行使して、到底業務ができない事務所の状態であれば、国民に対して注意喚起を行うべきであると思うからである。

 渡辺征二郎弁護士は、今までも非弁屋に飼われ続けてきた弁護士であり、多くの非弁屋から頼りにされてきた弁護士であることは間違いないのであるが、依頼者のためになる業務はあまり行っていないように思われるし、藤田弁護士については登録先に事務所にいないわけであるから、訴訟業務など遂行できるはずもないと思われる。刑事事件ではハトなどで活躍しているような話もあるが、腰を据えた刑事弁護など出来るはずもない状態であろうと推測される。

 弁護士不祥事対策こそ、国民が弁護士自治に求めるものであることは日弁連も各単位弁護士会も理解しているはずであり、すくなくとも営利企業に間借りして営業を行っている弁護士や登録先にすでにいない弁護士については、きちんと国民に告知するべきであるはずだ。今までの経験を第一東京弁護士会は活かすべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中