架空投資話で200万円を詐取した土屋裕哉容疑者を逮捕との報道 この事件以外にも多くの被害者がいるようで、土屋容疑者の民事上の代理人弁護士に対する怨嗟の声も相当上がっているようです

TBSニュースは20日付で「【独自】「高級時計安く仕入れ儲け」架空投資話で現金詐取 男逮捕」として以下の記事を配信した。

「ロレックスなどの高級腕時計を安く仕入れて店で売れば儲けが出る」などと架空の投資話を持ちかけ、都内の男性から現金200万円余りをだまし取ったとして、27歳の男が警視庁に逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京・港区に住む職業不詳の土屋裕哉容疑者(27)で、おととし5月、品川区に住む20代の男性に架空の投資話を持ちかけ現金210万円をだまし取った疑いがもたれています。

 土屋容疑者は「海外からロレックスなどの高級腕時計を安く仕入れ、東京・中野区に実在する時計店で売れば儲けることができる」とSNSなどで投資を募り、「毎月10万円の配当がもらえる」と説明していました。

 同様の被害を訴えるこの女性は、金融機関からおよそ200万円を借り、振り込みましたが、配当は一切なかったといいます。

200万円を投資した女性(30代)

 「毎月10万円くらい入ってくるようなことを確か言っていて、(配当が)5年保証だったので、1年間産休をとって、その間、収入が下がるので、ちょっと何か足しになればなと思って、どうにか少しでも返して欲しい」

 土屋容疑者は「だますつもりはなかった」と容疑を否認していますが、警視庁は余罪についても調べる方針です。

引用以上

 この土屋容疑者の旧姓は「伊藤」であるそうで、「伊藤」姓時代に時計を題材にした投資話のみならず、FXの投資案件とか、自動車ローンを組ませて車を買わせたりとか、昨日も書いたが信金の「預かり証」を偽造した詐欺事件などにも関与しているそうで、この土屋容疑者の民事上のトラブルを一手に引き受けていたのが全身「LV ダミエ」に身を包んだ69期修習の弁護士さんなのである。

 土屋容疑者の姓が「伊藤」から「土屋」に変わったのであれば、代理人から被害者への連絡文書等にその旨の記載がされると思うが、すべて「伊藤」としての連絡であったようであり、あたかも土屋が被害について誠意を持って弁済するような告知や、詐欺案件ではなく真正な取引であり、まもなく取引が履行されるようなアナウンスをしながらも、すべてコケさせてきたそうで、この土屋容疑者の代理人について相当怨嗟の声が沸いているわけである。

 筆者に寄せられた情報では、この「ダミエ」弁護士と土屋容疑者の関係は依頼者と弁護士の関係を超えているとの内容もあり、「ダミエ」弁護士は土屋容疑者の犯罪行為に積極的に加担しているとの情報もある。情報商材から、給与ファクタリングに後払い現金化のヤミ金の顧問を引き受け、クレジットカードの不正な発行に加担する「ダミエ」弁護士であれば、そのぐらい平気で行う可能性も否定できないだろう。

 上記に引用した報道では土屋容疑者の「余罪」についても捜査する方針とのことなので、今後はほかの案件についての捜査を行うと思われる。その際にはぜひとも「ダミエ」弁護士の関係についてもしっかりと捜査を行うべきである。そうしなければ、土屋容疑者の被疑容疑についての真相解明は困難であると思われるからだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中