戦う弁護士「やすかね」こと伊藤安兼弁護士(千葉)が債務整理の相談を行った女性にカネを払って性行為をしたとして業務停止3月の懲戒処分 欲望を自制できない弁護士は本当にみっともないとしか言いようがないですね

千葉日報は6日付で「相談の20代女性に性行為 71歳弁護士を懲戒処分」として以下の記事を配信した。

千葉県弁護士会は5日、相談者の女性に対し職務中に性行為を行ったとして、千葉市中央区の法律事務所の弁護士(71)を業務停止3カ月の懲戒処分にしたと発表した。  同会によると、同弁護士は昨年6月15日に県内で、債務整理の相談を希望した20代女性と事務所外で待ち合わせをして車に乗せ、車内で相談をしている最中に性行為を持ちかけた。同意を得てそのままホテルに行き、性行為の間に法律相談を行い、性行為の対価として3万5千円を支払った。  

同会は、一連の行為が弁護士としての職務中に行われ、女性の経済的、心理的窮状に乗じたものだったとして、9月28日に処分を決定した。同弁護士は「処分を甘んじて受ける」と話したという。  

県弁護士会館で記者会見した同会の三浦亜紀会長は「このような事態となり申し訳ない。厳粛に受け止め、信頼を回復すべく一丸となって努力する」と述べた。

引用以上

 この71歳の弁護士は伊藤安兼弁護士(千葉)である。

 伊藤弁護士は、自ら「戦う弁護士やすかね」としてブログを開設しているが、内容を確認すると、一貫してクレサラ問題に真摯に取り組んできたように判断できる。

【参考リンク】

WEB喜怒哀楽 戦う弁護士の「やすかね」が世の中について思うこと、自分の生き方などを飾ることなくそのままブログで発信するので「WEB喜怒哀楽」としました

WEB喜怒哀楽 サラ金事件の歴史(魚拓)

修習期は43期であり、約30年弁護士業務を続けてきた伊藤弁護士は自らの欲望を自制できずに、古希を過ぎて依頼者を買春するような行為を行い懲戒処分を受ける事になったわけである。今まで、積み上げてきた信用を自分の欲望のために失ってしまったわけであるから悔やんでも悔やみきれない気持ちなのではないだろうか。

 引用記事においては、債務整理の相談を希望した女性と事務所で会わずに、待ち合わせのうえで車に乗せて相談を行ったとされているが、そんな事をすること自体が問題であると思われる。相談者から何らかの資料を確認したり、場合によっては委任状・委任契約書を書いてもらう事になるのが普通であり、そんな事を車の中で行うわけが無いと思うからである。

 伊藤弁護士にも何らかの言い訳はあるのかもしれないが、相談者を「買って」性行為を行い、その合間に法律相談を行うというのは品位に欠けるというか、「みっともない」としか言いようが無いだろう。

 それに伊藤弁護士自身が相談を行っている最中に性行為を行う事を持ち掛けたと認定されているわけあり、そういう意味でも「みっともない」としか言いようが無いわけである。

 今回の懲戒処分は職務中の行われた行為である事や、債務整理の相談を行うぐらい困っていた女性の弱みにつけこんだものだという判断のようだが、相談者と待ち合わせをして車の中で相談をするという事を伊藤弁護士が日常的に行っていたのか、この被害女性だけに行ったのかも気になるところだ。

 伊藤弁護士は処分を甘んじて受けると述べているとの報道ではあるが、どんな経緯から「甘んじて」処分を受け入れるのかブログで公表して欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中