秋元司被告に懲役4年の実刑判決 最低限の順法精神もないと断罪された秋元被告のお仲間たちも同様に順法精神など持ち合わせない人たちばかりです

産経新聞は7日付で『裁判長「最低限の順法精神もない」 秋元司被告の判決公判』として以下の記事を配信した。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われた衆院議員、秋元司被告(49)に7日、懲役4年、追徴金約758万円(求刑懲役5年、追徴金約758万円)の実刑判決を言い渡した東京地裁の丹羽敏彦裁判長は「最低限の順法精神もない。実刑は免れない」とした。

丹羽裁判長は収賄罪について「自ら賄賂を要求しておらず、同種事案と比べて著しく高額でもない」として「執行猶予を与える余地があった」とする一方、証人等買収の罪について「あろうことか前代未聞の司法妨害をし、その道は閉ざされた」と指摘した。

引用以上

 無罪主張をしていた秋元被告は「最低限の順法精神もない。実刑は免れない」と断罪されたわけである。裁判所は自ら「賄賂を要求しておらず」と判断しているようだが、どんな政治家であってもあからさまに「賄賂をよこせ」というバカはいないわけであり、阿吽の呼吸でのことであったり、仲介者が「先生には〇本ぐらいお願いしますよ」という話をするのが常であるので、本当のところは見えないわけである。

 今回の秋元被告の事件では贈賄側や証拠隠滅に加担した人物たちがとても香ばしい人間たちばかりであり、詐欺的なカネ集めに関与する人間や、仕手屋の金主(安愚楽な人)たちであり国会議員が付き合うような人間たちでは無かった事が特徴であろう。秋元被告は、そんな人間たちと交友した結果として実刑判決を下されたわけである。

 贈賄側も証人買収の件についても、一緒に起訴された被告らは有罪判決を受けており、秋元被告の「無罪」主張は明らかに無理筋であったと思われる。証人の買収など秋元被告の意思以外で誰か動く事など無いことは誰でも分かる事だと思うが、秋元被告は衆院選へ出馬をするようなので、そのあたりも意識して「無罪」を主張したのではないかと推測している。

 それにしても証人買収で一緒に逮捕された面々は「アベトモ」を自称する詐欺師から、詐欺や仕手の胴元に、マンションデート商法関係者という連中たちであり、秋元被告とどのような関係にあったのかも興味深い。小林興起の秘書であった秋元被告からしたら、小林のところに出入りしていた連中よりはマシという認識だったのかもしれない。

 すでに秋元被告には控訴保釈が認められているようであるが(保釈保証金1億円)、前回の保釈後に「前代未聞の司法妨害」を行っている事を考えれば、控訴審に向けてどんな活動を行うのかも気になるところである。

 衆院選に立候補しても当選するはずもないだろうし、供託金没収程度の票しか集まらない可能性もあるわけだが、当初の保釈保証金である3000万円も没収されている秋元被告には潤沢な資金があるようなので、大した問題ではないのかもしれない。

 次回の衆院選の秋元被告の主張や得票がどのぐらいになるのかと「無罪請負人」の手腕が今後どのように発揮されるかに注目していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中