誰でも年老いれば能力が低下することを自覚するべきであるはずです。池袋暴走轢死事故の飯塚幸三に禁錮5年の実刑判決

朝日新聞デジタルは「母子死亡の池袋暴走事故、被告に禁錮5年の実刑判決」として2日付で以下の記事を配信した。

東京・池袋で2019年4月、暴走した乗用車で母子が死亡するなどした事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁は2日、禁錮5年(求刑禁錮7年)の実刑判決を言い渡した。

 判決は、事故原因について「ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだ過失が(被告に)ある」と認定した。この日は一般傍聴席22席に対し、563人が傍聴券を求めて並んだ。

 事故では、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が亡くなり、9人が重軽傷を負った。

 検察は事故から約10カ月後の20年2月、ブレーキとアクセルの踏み間違いで事故を起こしたとして飯塚被告を在宅のまま起訴した。

 飯塚被告は昨年10月に始まった公判で、「アクセルを踏み続けたことはないと記憶している。車に何らかの異常が生じ暴走した」と無罪を主張。今年6月の公判では、真菜さんの夫の拓也さん(35)から「主張に無理があるとは思わないか」と直接質問され、「暴走状態になった車を止められなかったことは悔やんでいる」と答えた。

 検察側は論告で、事故後の検査で電気系統の不具合を示す痕跡は確認できず正常に機能していたことなどをふまえ、「初歩的な操作に対する注意義務に違反した過失は大きい」と指摘。法定刑の上限にあたる禁錮7年を求刑していた。(新屋絵理)

引用以上

 禁錮7年の求刑に対して5年の判決となったわけであるが、過去の同種の事件から見たら裁判所は厳しい判断を行ったと思われるが、一貫しての無罪主張と示談不成立という面から考えれば、求刑どおりの判決でも良かったのではないかと思われる。

 飯塚被告は、過去には叙勲まで受けた「上級国民」であったわけだが、到底自動車をまともに運転できる能力を喪失していたと思われるにも関わらず、プリウスを運転しブレーキとアクセルを踏み間違えて、何らの罪もない親子を轢殺し9人に重軽傷を負わせたのである。

 事故発生当時87歳の飯塚被告は自らの体の衰えを自覚していたはずである。歩くにも杖が必要であった飯塚被告であるが、自分の運転技術には当時はまだ自信を持っていたのであれば、ほとんど「ボケ」症状のようなものであろう。元通産官僚であり技術畑を歩いてきた飯塚被告は本来は客観的な視点を持っていたはずであるが、自分の事は自覚できなかったのであろう。

 飯塚被告に限らず、若い時は優秀であった人たちは年老いれば身体能力のみならず認知能力が低下することを自覚するべきであろう。元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士も遅れてきた青春のおかげでレクサスを暴走させ無辜の市民を轢死させている。この件については示談の成立などもあり、石川弁護士が飯塚被告と同様に無罪主張をしていたとはいえ執行猶予判決となっている。

「若い奴には負けない」という気持ちは、知力・経験の部分においてだけの事であり、体力や運動能力が「若い奴に負けない」ということなどない事は理性的に考えれば分かる事である。地方で車が無ければ生活できないという地域ではなく、飯塚被告や石川弁護士は公共交通機関を使えば何でもない東京のど真ん中で轢死事故を起こしたわけであり、このあたりに「上級国民」の驕りを感じるのは筆者だけではないだろう。

 超高齢化社会を迎えている我が国において、高齢者を原因とする交通事故の問題はますます増えるであろうと思われる。運転免許制度の見直しまで含めて考えていくことと同時に、高齢者の移動手段としての自動運転の技術の実用化は必須であろうと思われる。飯塚被告には、若い2名の生命をアクセルとブレーキの踏み間違えで奪ったと判断された事実についてじっくり考えて欲しいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中