弁護士が「監修」したと宣伝されていた「S-mart(スマート)ツケ払い」はすでに運営を停止しているようです こんな実質的なヤミ金融の監修を行い「顧問」と表記されていた齋藤崇史弁護士(東京)は自ら事実関係を明らかにするべきでしょう

 「スマートツケ払い」という実質的なヤミ金融のようなシノギに堂々と「顧問弁弁護士」の名が掲載されているとの情報が寄せられた。その顧問弁護士は「赤坂見附総合法律会計事務所 齋藤崇史」と表示されている。

【参考リンク】

いきなり3万円手に入る!?S-mart(スマート)ツケ払いでする現金化の口コミを調査

弁護士が監修するSmart(スマート)ツケ払いの評判がうなぎ登り!失敗なんて有り得ない現金化!

 すでにこの「スマートツケ払い」の公式サイトは閲覧不能になっているので、すでに営業は停止しているようであるが、5万円の商品代金を後払いで契約し、先に3万円を受け取るというシステムのようで、どう考えても3万円を融資して5万円を返すという超高金利のヤミ金融であることは間違いないだろう。

 この実質的なヤミ金融システムの監修をしていたと表記されているのが赤坂見附総合法律会計事務所の齋藤崇史弁護士(東京)である。齋藤弁護士が勝手に名前を使われていたと主張するのであれば、当サイトのコメント欄にその旨を書き込んで欲しい、齋藤弁護士の主張も検討したうえで公表をする準備があることを一応は伝えておくが、齋藤弁護士は「給与ファクタリング」の顧問と表記されていたことも確認されており、そんな世界の人間たちとの交友も多いのであろうと推測される。

 評判がうなぎ登りで失敗なんてありえない現金化の監修を行っていたと喧伝されている齋藤弁護士は、こんなヤミ金融に関与していたのか否かを自ら情報発信すべきであると思うし、事務所のボスや先輩によく相談して今後の対処を考えるべきであろうと思われる。齋藤弁護士についての情報は筆者に数多く寄せられており、その情報の中には真偽は不明であるが、真実であれば相当問題のある内容も含まれている。このような情報が齋藤弁護士を逆恨みする者から寄せられている可能性も否定はできないので今の時点では詳細は書かないが、現在筆者は情報の真偽確認の取材中であることをお伝えしておく。

 全身ヴィトンのダミエに身を包んで、詐欺師の仕事を手伝い、クレジットカードの不正取得に手を貸す弁護士もいる時代である。実質的なヤミ金融の「顧問」「監修」を行う弁護士がいても不思議ではないが、そんな弁護士が増加すれば、国民の弁護士不信が高まるだけであるのだから、日弁連・各単位弁護士会はウェブ上で確認できる詐欺や悪徳商法などのサイトに「顧問弁護士」と記載されている弁護士の調査を行い、そんな商売の上がりをもらっている弁護士に対しては会請求で懲戒申立を行うべきなのであろう。それが弁護士自治の信託者である国民に対する義務であると思われるからだ。

“弁護士が「監修」したと宣伝されていた「S-mart(スマート)ツケ払い」はすでに運営を停止しているようです こんな実質的なヤミ金融の監修を行い「顧問」と表記されていた齋藤崇史弁護士(東京)は自ら事実関係を明らかにするべきでしょう” への2件のフィードバック

  1. クリックしてp57.pdfにアクセス

    >>私も,職業としての弁護士ではなく,私の個性を活
    かす活動の一部として弁護士資格を使っていけるよう
    な,私にしかできない,私ならではの活動をしてゆこ
    うと考え,少しずつ動き出していこうと思う。

    ある意味では、斎藤弁護士しかできない活動かもしれません。
    旧態依然の弁護士はもっと巧妙に弁護士法や弁護士職務基本規程に抵触する
    ことを退けてきたからだ、斎藤弁護士のように堂々と闇金の顧問をするというのは
    確かに斎藤弁護士しかできない活動なのかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中