頼れる「町弁」豊楽法律事務所の髙田康章弁護士(東京)に業務停止8月の懲戒処分 非弁屋に優位な提携だったようなので、おそらく借りでもあったと思われます。

読売新聞は17日付で『80歳弁護士依頼者に「救いようのない支離滅裂な人間だ」とメール…懲戒処分に当たらないと主張』として以下の記事を配信した。

東京弁護士会は16日、同会所属の弁護士(42)を業務停止8か月、別の弁護士(80)を同1か月の懲戒処分にしたと発表した。いずれも11日付。

 発表によると、42歳の弁護士は2018年5月~19年3月、弁護士資格を有しない法人と提携し、自身が依頼者から得た報酬約3000万円のうち、少なくとも約1854万円を同法人に支払うなどした。

また、80歳の弁護士は13年8~10月、不動産の所有権を巡る訴訟の依頼者に対し、事前に合意していた報酬の増額を繰り返し求めたり、「救いようのない支離滅裂な人間だ」などと非難するメールを送ったりしたとしている。

 同会の調査に対し、両弁護士はいずれも「懲戒処分には当たらない」などと主張しているという。

引用以上

 引用記事の表題は80歳の弁護士のことになっているが、この弁護士は寺内從道弁護士であるが、今回は非弁提携で業務停止8月の処分を受けた髙田康章について取り上げる。

 髙田弁護士の登録情報は以下のとおりだ。

 修習期は64期であり、まだ「若手」に属する弁護士であり、現在は業務停止中のはずだが、広告サイトはしっかりと残っている。念のために魚拓を取ったのでご確認頂きたい。

【参考リンク】

頼れる「町弁」事務所が 信頼のパートナーとして寄り添います 豊楽法律事務所

 この豊楽法律事務所は令和元年10月29日に弁護士法人として登記されており、唯一の社員が髙田弁護士なので、まもなく「社員の欠乏」を理由に清算開始となり、清算人が同法人の内容を精査すると思われる。

 髙田弁護士の経歴は1978年生まれ、千葉県出身。明治大学法学部法律学科、早稲田大学大学院法学研究科、明治大学法科大学院法務研究科法務専攻を経て司法試験合格,最高裁判所司法研究所入所。2011年、弁護士登録。都内法律事務所勤務を経て15年に「浅草橋法律事務所」開設。19年、「弁護士法人豊楽法律事務所」に法人化と以下のサイトに記載されており、独立した2015年以降に非弁屋に取り込まれていったものと思われる。

髙田康章 弁護士法人豊楽法律事務所 | 日経 私の道しるべ (nikkei.com)

 自らの報酬3000万円からその報酬の半分以上の1854万円を非弁屋に支払いしていたとの認定なのであるから、髙田弁護士は完全に非弁屋に従属していたと考えられる。

 髙田弁護士は「懲戒処分には当たらない」と主張していると引用記事では述べられているが、仮にそうであったとしても売り上げの半分以上を持っていく法人と何らかの提携(おそらく広告・コンサル名目であると思われる)をする事は髙田弁護士にとっても不利益しかないはずなので、今後はそんな法人と寄り添わないほうが良いはずだ。

 気になるのは今回の懲戒処分を誰が申立てしたのかという事だ。弁護士事務所内のカネの流れをつかんでいる人物でなければなしえない懲戒申立てであることから「仲間割れ」の可能性もあったのではないかと推測している。

 それにしても安易な非弁提携は弁護士生命を絶つことになる事を若手弁護士たちには認識してもらいたいところだ。刑事事件化した「HIROKEN」非弁事件や、現在破産手続きが行われている東京ミネルヴァ法律事務所の社員弁護士(法人に登記された社員という意味)は結果的に弁護士資格を失う事になったことを良く理解して欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中