酷暑とコロナウイルスの感染が拡大する中で狂気の東京オリンピックが開幕します! 菅内閣の支持率は順調に低下していますが、マスコミが「感動」の押し売りをしてくのか注目したいです

東京オリンピックの競技が21日から開始される、開会式は23日だそうで障害者に大便を喰わせたことを自慢していたミュージシャンが楽曲を制作しているそうで、オリンピック・パラリンピック教育の多様な価値観という理念には障害者差別の自由も含むようで驚いている人も多いだろう。

 すでに東京は梅雨が明け連日最高気温が30℃を超える酷暑が続いているが、こんな中で競技を行う選手らの健康が心配であるが、「興行」としての性格を優先しているわけだから、銭だけを追い求めている五輪貴族の意向だけが優先されるわけであり、主役である競技者らの健康は二の次なのであろうと思われる。

 東京オリンピックの開催に合わせて、大幅な交通規制や首都高速の料金の一時的な値上げも行われるそうであり、本当に緊急事態宣言に疲れている国民の事など一顧もせず、「興行」の成功だけを望んでいるのであろう。

 東京ではコロナウイルスの感染拡大が進んでおり、選手村においても感染者らが発見されているようである。

【参考リンク】

<新型コロナ>五輪選手村で初の陽性、海外から滞在の関係者 宿泊療養施設へ 東京新聞

 すでに菅首相の述べる「安心・安全」なオリンピックの開催など不可能なわけであり、だからこそ「無観客」という選択をしたわけなのだから、菅首相のいう事は完全に矛盾しているわけだ。なぜ、中止・延期の判断ができなかったのかを菅首相は国民に説明を行うべきであろうし、選手らだって無観客という判断よりは延期してコロナウイルスの感染拡大が落ち着いたのちに観客を入れて興行を打って欲しかったではないだろうか。

 果たして菅首相の考える通りオリンピックが始まれば、地の利のある日本選手の活躍により世論が変わるのかどうかに注目したい。またオリジナル開催を批難しながらも、オリンピックのスポンサーでもある大手マスコミが「感動をありがとう!」と感動を押し売りをするのかも注目していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中