欠陥弁護士 渡辺征二郎(第一東京)についに動きがありました! 阿佐ヶ谷のビルに登録を変更していますが、まともな業務など出来るはずもないでしょう。弁護士法人アシスト東京の破産管財人は渡辺弁護士にも破産申立を行い資格を飛ばすべきですね

有名欠陥弁護士の渡辺征二郎弁護士の弁護士登録に動きがあった。現在の登録は阿佐ヶ谷に移転している。

 渡辺弁護士は、今までも名義貸しで非弁屋に飼われて生きてきた弁護士であり、自らの弁護士としての能力はすでに喪失していると思われる弁護士だ。

【参考リンク】

非弁屋に名義を貸して好き勝手やらせても、業務停止1年で済むのであれば、この手の事案は今後も増えるでしょう。欠陥弁護士渡辺征二郎弁護士(第一東京)の懲戒処分

 今回阿佐ヶ谷に事務所を移転したという事は、間違いなく非弁屋のカネで事務所を開設したということであり、非弁屋はいうまでもないが渡辺弁護士の名義を借りるためだけに面倒を見たのであろう。

 渡辺弁護士に限らず欠陥弁護士の多くは裁判所に出頭するのが嫌いである。WEB会議による進行を望んでいるといいうわけではなく、すでに弁護士としての能力を喪失しているので、法廷に出廷することが嫌なわけであり、仕方なく受任した事件などでは手ぶらで法廷に出廷するのが、この手の欠陥弁護士の特徴なのである。

 渡辺弁護士に限らず名義貸し弁護士の多くは訴訟を提起しない業務を非弁屋が行うわけであり、債務整理(破産はやらない)に不貞行為の慰謝料請求に、残業代の請求とか、不動産の追い出し(弁護士事務所の名刺を不動産屋の従業員に渡して立退交渉をさせる)などが主な業務となるわけだ。

 今回はどんな業務のための名義貸しなのかは不明であるが、今までも弁護士法人の設立と解散を繰り返してきた渡辺弁護士を放置する事は消費者被害に発展する可能性が極めて高いことを第一東京弁護士会は自覚して早々に指導監督連絡権を行使するべきであろうと思われる。

 ところで、渡辺弁護士が唯一の社員であった歌舞伎町の繁華街に設立された弁護士法人アシスト東京は破産処理中であるが、破産管財人は渡辺弁護士への破産申立はしないのであろうか?かつて「泥棒」と呼ばれた駒場豊元弁護士も同様の事案で破産申立をされて資格を喪失し消費者被害の拡大を防いだ経緯がある。渡辺弁護士も破産させて弁護士資格を喪失させることが国民の利益であり、非弁行為による消費者被害の防止のためにも必要であることをアシスト東京の管財人と第一東京弁護士会は自覚して行動を起こすべきはずだと筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中