東京ミネルヴァ法律事務所の第2回目の債権者集会が開かれました。管財人がリーガルビジョン関連法人に115億円の返還を求めているそうです!果たしてロックンロールな弁護士さんは、どのように立ち回るか注目しましょう

昨日7月7日の東京ミネルヴァ法律事務所の債権者集会について読売新聞は『「東京ミネルヴァ」破産、管財人が実質的運営の広告会社側に115億円返還請求』として7日付で以下の記事を配信した。

約50億円の負債を抱えて昨年6月に破産した「弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所」(東京都港区)の債権者集会が7日、東京地裁で開かれた。集会後に記者会見した債権者らの弁護団は、破産管財人が、事務所を実質的に運営していたとされる広告会社側に約115億円の返還を求めたことを明らかにした。

 管財人の調査では、同事務所は赤字決算が続いていたのに、2020年3月期までの8年間で140億円超を広告会社側に支払っていた。弁護団によると、管財人はこのうち約115億円が「不当利得」に当たると判断したという。弁護団は広告会社の実質的経営者らを近く提訴する方針。

引用以上

 第二回目の債権者集会の資料が、何日かのうちに破産管財人のウェブサイトで公開されるので、それまで詳細な内容の公表は控えるが、管財人が実質的に東京ミネルヴァを運営していたリーガルビジョンに対して約115億円を「不当利得」と断じて返還を求めているわけである。訴訟を提起するとなると基本的には印紙代だけで1752万円もかかるわけである。

 また、東京ミネルヴァ法律事務所の被害対策弁護団はリーガルビジョンの実質経営者である兒嶋勝会長様を何らかの理由で提訴する方針との事であるが、すでにリーガルビジョンはもぬけのカラになっており、法人格を否認して会長様に何らかの賠償を求めるのは良い方策ではないかと思われる。

 会長様とリーガルビジョンの「守護神」であるヤメ検のロックンロールな弁護士さんは、この事態にどのように立ち向かうのか気にかかるところだ。会長様の立場に立ってロック魂を発揮し、東京ミネルヴァの元代表弁護士を「呼び出し」したこともあるようなので、そのあたりの事も訴訟になれば明らかになるかもしれないので、どんなプログレッシブな手法で会長様の利益を図るのかも注目したい。

 いずれにしても、この件について管財人が新たな情報を公表したら再度取り上げる予定である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中