弁護士業界にもグレシャムの法則は当てはまるようですね 弁護士の収入の低下による欠陥弁護士や「濫訴」弁護士の増加はますます国民の司法離れを促すと思われます

岡口判事の「ボ2」サイトで以下のサイトの紹介があった。弁護士の年収の中央値が低下しているという内容だ。

【参考リンク】

【悲報】弁護士さん、遂に年収の中央値が650万円まで低下してしまう

 上記サイトで紹介されている弁護士の所得の平均値・中央値の推移は弁護士白書であると思われるので、それなりに信憑性のある内容であるわけであり、2006年度から2018年度の間に約半分ぐらいまで減ってしまったわけである。

 もちろん、これはあくまで統計であるので、どんどん稼ぎが増えている弁護士らもいる事には間違いは無いわけだが、司法制度改革の成果による弁護士の激増と、「金のなる木」であった過払い金返還請求が貸金業法の改正から10年経過しほぼ下火になったころから、弁護士の収入の減少には歯止めが掛からなくなったように推測するが、それともう一つの大きな要因は法テラスのあまりにも低廉な報酬体系にある事は否めない事実であろう。

 弁護士の収入の低下は、「カネに追われる弁護士」の増加をもたらし、非弁屋に「飼われる」弁護士や、金主の「言いなり」で動く弁護士らを増加させる要因であることは間違いの無い事実である。それなりの能力を持った弁護士でも、営業能力が極端に低い弁護士も存在しており、そのような弁護士や弁護士としての業務を行いたくないが銭だけは欲しいという弁護士らは非弁屋などのターゲットになりやすいのである。以前は、高齢の弁護士などがターゲットになっていたのであるが、最近は「即独・即非弁」のような事例も多く、若手弁護士が非弁屋のターゲットになる事が多いのである。東京ミネルヴァ法律事務所の破産事件からも、この内容はご理解頂けると思う。

 そのほか、明らかに犯罪もしくは違法・グレーゾーンである部分への弁護士の進出も目覚ましいものがある。給与ファクタリングとかスマートツケ払いなどは、すでに逮捕者も出しているような犯罪行為であるが、そんな業者の「顧問」になる連中も多いし、日弁連が利用しない事を推奨している養育費保証サービスに積極的に加担する弁護士も存在するわけである。お伝えしているとおり全身LVのモノグラムを身にまとっていても、人様の名義のカードを使っている弁護士もいるわけであり、こんなことも司法制度改革の成果とは思うが国民の利益には全くならない事は明らかであろう。

 最近は、「誹謗中傷」による名誉棄損についての損害賠償請求で、どう考えても「誹謗」とは言えないよう「論評「意見」についての賠償を求める訴訟も頻発しているようであり、この手の案件を受任する弁護士さんは、出版物やウェブコンテンツについて「くだらない」「つまらない」「役に立たない」という意見すらも名誉棄損を構成すると考えているように思われるが、意見すらも封殺するような訴訟提起を行う事が弁護士として適切な事であるかはよく考えるべきであろう。そればかりでなく、本来は紛議調停などで解決すべき弁護士間の係争などについても、訴訟提起して損害賠償請求を行う事案も頻出しているようであり、本当に何を考えているのか分からないというのが正直な筆者の感想である。

 そのほか、非弁屋が主導して行っている、不貞行為の慰謝料請求とかも、依頼者の為ではなく非弁屋の目先のゼニの為だけであり、誰にも利益をもたらさない事も確かなのである。

 悪貨が良貨を駆逐するというグレシャムの法則は、弁護士業界にも当てはまるようだと筆者は考えている。目先の着手金が欲しい「カネに追われた」弁護士らが、依頼者に迎合する甘い判断を述べて銭を巻き上げたり、無用な係争を煽り着手金を巻き上げる事例は後を絶たない。刑事事件などになると、まともな弁護士に相談すれば1勾留で終わりだろうという事件(例えば道交法関連とか)でも、「この事件は重大だ!今すぐ動くが100万程度を支払えば動く」などと被疑者の家族らにハッタリかまして銭を巻き上げる弁護士も多いのである。

 弁護士の収入の低下という問題は、弁護士たちの問題ではなく国民の問題でもあり、司法制度改革が目論んだ「敷居の低い、費用も低い」弁護士を量産する事は、かえって国民に害をなしている事に日弁連・各単位弁護士会はいい加減に気づくべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中