オリンピックの開催反対は「反日」という知性欠如の安倍晋三 絆とか想い出とか感動でコロナ禍が終息するのでしょうか? 

安倍元首相は、お友達が主宰する雑誌で東京オリンピックの開催反対をする人たちについて「歴史認識などにおいても一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています」との認識を示している。

 反日というのは、日本や日本人に反感を持つ感情だと思うのであるが、安倍は世界中から「狂気」の沙汰と指摘されており、コロナ禍の以前から「YAKUZAオリンピック」と揶揄されていた東京オリンピックに反対している人たちは日本国および日本人に反感を持つ人たちだと言っているわけである。

 しかしながら、東京オリンピックの開催に反対している人たちは、コロナウイルスの感染拡大を心配し開催の中止を求めているわけだから、日本・日本人に強く愛情をお持ちであるからこそ、そのような情報発信をしているわけで「愛国者」であると思われる。

 安倍のいうところの「反日」は自分の意に沿わない意見を述べる者らの事であろう。本当に器量・度量のない小さい男である。大体、コロナ禍が収まっていないからこそ、参加各国の選手団も当初の予定より大幅に遅れて入国してきているわけであり、そんな各国の準備不足に乗じた日本選手の「メダルラッシュ」という事態で「感動をありがとう」とか「勇気をもらった」などという提灯記事を大量配信してもコロナ禍は終息するわけでもなく、政府分科会の尾身会長が述べていた通り「パンデミックの中で開催するということが普通でない」と誰もが考えている中での強硬開催だからこそ、多くの国民が反対しているわけである。 

コロナの感染が再拡大している現状では、選手村で飲酒とオルギアという特権が与えられるアスリートらにも感染の危険が高くなるのではないだろうかと思われる。選手村でクラスターが発生したら、それこそ国辱ものではないかと思うし、すでに入国している選手団からもコロナウイルス感染者が表れていることからも「安心・安全」なオリンピックの開催など不可能なはずと思われる。

そもそもコロナ禍を終息させるためにはオリンピックを開催しないほうが良いに決まっている訳であり、なぜオリンピックを強行開催しなければならないかという合理的な理由は全く公表されていない訳である。出場選手たちの多くは、オリンピック開催を望んでいるだろうが、胸中は複雑ではないだろうか。選手に開催についての意見を述べさせるなとかという意見もあるが、ひとりの大人として、このオリンピックの開催についての大義を考えていただきたいと筆者は考える。「開催と言われたら出るだけ」とういうのは軍隊ではないのであるから、強い違和感と失望しか感じない。現代の軍隊だって非合理な命令には「命令拒否」という事が可能である場合も多いわけであるのだから、自分なりの見解ぐらい述べるべきであろう。

日本国民と協議参加者らの生命と健康に影響を与える可能性があるパンデミック下のオリンピック開催が実際に国民にどんな利益があり、本当に「安心・安全」に開催できるかを確認・検証を行い国民に安倍政権時代は官房長官であった菅総理が行う必要があることは言うまでもないだろう。それができないなら、オリンピックは開催を返上すべきなのである事は自明だろう。何より国民の健康と安全を優先して欲しい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中