東京五輪の開催による感染拡大を陛下が懸念との報道 本来なら菅首相とかIOCが懸念する事のはず 「安全・安心」なオリンピック開催など不可能なのだから早急に開催中止の決断が必要なはずです

読売新聞オンラインは24日付で「天皇陛下は「五輪による感染拡大を懸念」…宮内庁長官が受け止め」として以下の記事を配信した。

宮内庁の西村泰彦長官は24日の定例記者会見で、天皇陛下が新型コロナウイルスの現在の感染状況を「大変心配されている」とし、名誉総裁を務められている東京五輪・パラリンピックについて、「国民の間に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないかご懸念されている」との受け止めを述べた。

 陛下の懸念について、西村長官は「日々、陛下とお話ししている中で、肌感覚として感じている」と語った。その上で、大会で感染が拡大しないように「組織委員会をはじめ、関係機関が連携して感染防止に万全を期していただきたい」と要望した。

 陛下は、東京五輪・パラリンピックの各開会式に出席し、開会を宣言される。

引用以上

 この記事を読んで想起したのが、先の大戦前の御前会議で昭和天皇が明治天皇の御製である「よものうみ」を詠まれたというエピソードである。先の大戦が科学的な分析を無視した「精神論」で戦った挙句の結果を、菅首相や各大臣たちもご存じなのであるから、二度と同じ過ちは繰り返すべきではない事に気付くべきであろう。

 国民には外に出るな、酒を飲むなと要請し、飲食店に多大な犠牲を強いているにも関わらず「オリンピック」という錦の御旗があれば、全て特別扱いというダブルスタンダードに辟易している国民の心情を陛下はご存じであるからこそ、このような懸念を示されたのであろう。

 本来であれば、菅首相やIOCの五輪貴族どもが「安全・安心」な大会など開催不可能であるという認識を持って「中止」もしくは延期の決断をすべきはずなのであるが、そのような決断はせずに東京五輪を有観客で開催する事に、こいつらは舵を切ったのである。

 オリンピックを開催すれば、世論が変わると思っている菅も救いがたいが、感染拡大が懸念される国際運動会に「不参加」の判断を行う海外のアスリートも続々と出てくるはずである。そんな中で日本人アスリートが「メダル」を取ったとか感動を巻き起こしたなんて事になっても安っぽい話になるだけではないのだろうか?

 世論を無視し有観客で強行する東京オリンピックにおいて感染拡大が進み、海外からのアスリートらなどにもクラスターなどが発生した場合には、我が国の信用は確実に低下するだろう。また、コロナウイルスの感染拡大に寄与したとの、有難くない評価も受ける事になるはずであり、国際親善やコロナウイルスの感染拡大を防止するためも東京オリンピックは中止の判断が最善なはずなのである。目先の金とか「ここまで準備したのだから」という事を理由にした判断は、先の大戦と同じ過ちを犯すことになる事に気づく閣僚などはいない様子である。

 東京オリンピックのスポンサー企業や協賛企業も、このままオリンピックを強行した場合にはかえって企業イメージが悪化する事は覚悟しておくべきであろう。今回のオリンピックは報道機関がスポンサーになっているのも特徴だが、スポンサーとしての利害があれば適切な論評を行う事は困難だと思われる。オリンピックによる感染拡大を危惧する報道を行いながらも、東京オリンピックに出場するアスリートの動静を伝えたり、競技に対する期待などの記事を配信する事も「ダブルスタンダード」ではないだろうか。

 コロナ禍が収束し、競技の参加者・観客の誰もが「安心安全」な状況になってからオリンピックは開催すれば良いだけの事であることは誰にも異論はないはずだ。但し、「利権」「商売」が絡んでいる連中はそうは思えないのだろう。

 コロナウイルスの感染再拡大が進む中での、陛下の至極当然な、ご懸念を菅首相はどう受け止めるのであろうか注目していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中