SNSの誹謗中傷の防止の啓発には異論はありませんが、自己顕示に取り憑かれた私生活を切り売りするような連中や極論を述べて批判を煽る炎上商法も中止するような啓発にも取り組んで頂きたいですね。

朝日新聞デジタルは5月25日付で『「この指とめよう」中傷ツイート、啓発広告で半減めざす』として以下の記事を配信した。

SNSで誹謗(ひぼう)中傷を受けた後にプロレスラーの木村花さん(当時22)が昨年亡くなったことをきっかけに、ツイッターの投稿を監視したり啓発したりする団体が25日、活動を始めた。5年間で中傷の投稿を半減させる目標を掲げる。

【写真】小竹海広さんらがつくった啓発広告のイメージ=「この指とめよう」提供

 この団体は一般社団法人「この指とめよう」(東京)。広告・事業開発会社のコピーライター、小竹海広さんが発起人となった。

 ツイッターには「バカ」「消えろ」「きもい」「死ね」といった言葉が含まれる多数の投稿がある。小竹さんらが調べたところ、精査前の段階で年1億件近くに上るとみられるという。そこで、風評被害や中傷への対策を企業に提供するシエンプレ社と提携し、ツイッターを監視する。

 まず監視チームが差別的な言葉などが含まれる投稿がないかをチェック。法人のアドバイザリーボードメンバーの大学教員やジャーナリスト、若年層を支援するNPO代表らと協議し、「誹謗中傷にあたる」と判断すれば発信元に啓発のバナー広告を送る。「送信ボタンを押すなら、だれかの背中を押す言葉にしたい」などの投稿を思いとどまらせるようなメッセージを盛り込む準備をしているという。

 ほかにも、子どもなどに向けた啓発本を作ったり、中傷対策のオンラインコミュニティーを運営したりする予定もある。

 運営資金は、活動に賛同するパートナー企業の負担でまかなう。小竹さんは「法律や技術だけで誹謗中傷をやめさせることは難しい」と述べ、「心理的・感覚的に訴えていくことで誹謗中傷をなくし、SNSが少しでも豊かで穏やかな環境になるようにしていきたい」としている。

引用以上

この団体の代表自体が、Twitterで極めて悪質な誹謗中傷を行っていた事が報道されていることや、筆者には全く理解の範疇外の自分を全てコンテンツ化しているというブロガーという商売の方が真っ当な意見・論評までも「誹謗中傷」と主張して発信者情報の開示などを積極的に行なっている事情などをみていると、この団体の活動をあまり信用できると考えていない。

 死ねとかバカなどと安易に発信するような行為を支持する意思は毛頭ないが、投稿前にバナー広告が出たって思い止まる者は少数であろうし、結局のところ広告屋に流れるカネをクラウドファンディングや支援者から集めるだけでしかなく、なんらの効果も無いだろうと筆者は予測している。

 誹謗中傷をやめさせたいのであれば、それは啓蒙と教育を粘り強く行うことであり、誹謗中傷を行うことによる法的責任について繰り返し情報発信する事と、多様な意見が認められない社会になれば自分自身も自由な意見すらも述べづらくなることを自覚してもらう事や、多様な意見を認められない社会について想像を馳せてもらう事などで、いかに「表現の自由」が大切である事を自覚してもらうべきではないかと思われる。

 消費者被害に遭った者が、「〇〇会社は悪質だ」と投稿し、その内容を誹謗中傷として捉えて、発信者情報の開示や当該投稿の削除を求める事は社会悪を助長する事にならないかとか、血液クレンジングのような深刻な健康被害をもたらす可能性のあるエセ医療を賞賛するような内容を批判する事を「誹謗中傷」と捉えて法的措置を執るような者の行動が適切であるかなどを、しっかり議論した上で誰もが納得できる共通認識としての「誹謗中傷」という概念はどのようなものであるかを提示するべきだと思われる。また「スラップ」訴訟としか思えない訴訟を提起する弁護士や、悪徳商法・炎上商法への批判を封殺するための発信者情報の開示請求などを行う弁護士に対する対策なども議論して頂きたいと考える。

 いわゆる「炎上商法」のような極論を敢えて述べる連中(N国関係者や自称インフルエンサー)こそ厳しく規制するべきであり、特に年端もいかない子供などを巻き込んで、SNSやYouTubeで商売をしているような連中にこそ、情報発信を思い止まるような啓蒙活動をして頂きたい。

 自己顕示のカタマリみたいな私生活を切り売りして生計を立てる者は、それなりの覚悟を持ってそんな事をしているはずだ。そんな連中が、敢えて世間から批判をされるような行動を行い、それに対する批判をゼニに換価しようとする行動を許す事の無いように「この指とまれ」には、啓発活動を行なってもらいたい。

 SNSを豊かで穏やかな環境にするためには、「炎上商法」「ステマ」の規制がいちばん必要であり、そんなくだらない投稿をする連中を相手にしない・閲覧しない事が大切である事を、SNS利用者は理解し、知性に不自由な人間の投稿を相手にする必要などない事を理解して欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中