弁護士法人モントローズ法律事務所のウェブサイトの魚拓をお送り頂きました。何かと話題の山本麻白弁護士(東京)も同事務所に所属していたのですね!

リーガルビジョンが「直営」事務所として運営していた弁護士法人モントローズ法律事務所(破産)は、欠陥弁護士である村越仁一(第二東京 退会命令)が代表社員を務めていたが、同弁護士の業務停止をうけ社員の欠乏により清算となり、破産に至った弁護士法人である。同事務所がリーガルビジョンに支払うべき広告費が、同事務所の営業停止後も東京ミネルヴァ法律事務所に付け替えされていた事も東京ミネルヴァ法律事務所の債権者集会で明らかになっている。

【参考リンク】

欠陥弁護士の村越仁一(第二東京)についに退会命令が下される 盟友であった元弁護士の吉永精志とエイワの本田は村越の今後の面倒ぐらい見てやるべきだよ

公開された東京ミネルヴァ法律事務所の第1回目の債権者集会の資料 川島元弁護士がリーガルビジョングループに所属する弁護士法人、司法書士法人等を対象に懲戒請求を行っているそうです!

 そんな弁護士法人モントローズ法律事務所が営業していたころのウェブサイトの魚拓を読者にお送り頂いた。

【参考リンク】

弁護士法人モントローズ法律事務所 ウェブサイト魚拓

 魚拓を見て、驚いたのが何かと話題の山本麻白弁護士(東京)がモントローズに登録していたという事である。山本弁護士は、反社集団と規定すべきN国の実質的な首魁の立花の事件を取り扱ったりしており、様々な面で注目を集めている弁護士だからだ。

 弁護士も商売だから「太客」に誰でも恵まれたいだろうが、それが厄介な人物であれば普通は断るし、「乗り込む」「押しかける」「無断で録画し公開する」などの「自力救済」をウリにする連中の相手など、まともな弁護士はしないと思うのであるが、山本先生の価値観は異なるようだ。

 山本先生がモントローズでどんな仕事をしていたかは不明であるが、リーガルビジョンによる事務所運営の実態について、ぜひとも山本弁護士も暴露して欲しいと思う。働く人に寄り添う正義感にあふれ、社会正義の実現という弁護士の使命を深く理解する山本弁護士の事だから、きっと筆者の期待に応えてくれると信じています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中