相変わらず、登録が変わらない藤田和史弁護士(第一東京) この先生は本当にどうするんですかね?

藤田和史弁護士(第一東京)が箱崎の豪華事務所にいらっしゃらない事は、すでにお伝えしているとおりだ。

【参考リンク】

なぜ、第一東京弁護士会は登録先にいない弁護士に対しての注意喚起を行わないのか? 藤田和史弁護士に渡辺征二郎弁護士についての注意喚起を

 上記参考リンクで指摘した弁護士のうちの一人の渡辺弁護士は登録先を変更したが、藤田弁護士は現在も登録先の変更はなされていない状態であり、相変わらずの状況が続いているようである。

 藤田弁護士については、たくさんの情報(ほぼ苦情)が筆者にも寄せられているが、実際に懲戒請求や紛議調停も申立てされているようであり、現在はまともな弁護士業務を行っていない可能性が極めて高いわけなのである。

 藤田弁護士が麻雀店に入り浸っているとかの情報も寄せられているが、真実であれば弁護士業務への情熱はすでに無くなってしまっているのであろうと思われる。

 弁護士の職務の独立は保証されるべきである事は間違いないが、各単位弁護士会に登録している弁護士が「連絡不能」「所在不明」などという苦情が多数寄せられた場合には、適切に指導監督連絡権を行使し、登録先がすでに引き払われているとか、電話が不通などの場合は、その旨を国民に告知するべきではないかと思われる。

 事務所登録の変更すらもまともにできない弁護士が、まともな業務を行えることはないことぐらいは、日弁連も各単位弁護士会も理解しているはずであるから、真剣に検討をお願いしたい。

 それにしても藤田弁護士は、これからどうするんですかね?修習同期なり、元同僚などによく相談したほうが良いと思いますよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中