B型肝炎訴訟最高裁判決から考える弁護士のあり方について 新興事務所はB型肝炎被害者の集客を大々的に行いましたが、司法判断を変えるような仕事はしてこなかったということです

4月26日付で時事通信は「B型肝炎、患者が逆転勝訴 損害賠償、起算点は「再発時」―救済進展へ・最高裁」として以下の記事を配信した。

集団予防接種が原因のB型肝炎を20年以上前に発症し、その後再発した患者2人が、国に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が26日、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)であった。三浦裁判長は損害賠償請求権が20年で消滅する「除斥期間」を理由に患者側敗訴とした二審福岡高裁判決を破棄、除斥期間の起算点を再発時と判断し、賠償額算定のため審理を高裁に差し戻した。

 同種訴訟は全国で111人が係争中。賠償請求できる期間を広げる判断が示されたことで、救済が進みそうだ。

 裁判官4人全員一致の意見。同小法廷は、原告の再発時の症状について「特異なもので、どのような場合に発症するか現在の医学ではまだ解明されていない」と指摘。最初の発症時と再発時の損害は質的に異なることから、除斥期間の起算点を再発時と結論付けた。

 三浦裁判長は「長期にわたる被害の実情を鑑みると、全体的な解決を図るため、救済に当たる国の責務が適切に果たされることを期待する」とし、国に対応を求める補足意見を付けた。

 特別措置法に基づいた国の救済制度では、国を相手取った訴訟で和解すると、慢性肝炎は1250万円が給付されるが、除斥期間が過ぎて提訴すると300万~150万円に減額される。

 原告の60代男性2人は、幼少時の予防接種でB型肝炎ウイルスに感染し、20年以上前に慢性肝炎を発症。いったん沈静化した後に再発し提訴した。国側はいずれにも300万円を提示し、和解が成立せず裁判で争われた。

 一審福岡地裁は2017年12月、起算点を再発時とし、原告側の請求通りそれぞれ1250万円の賠償を命じた。二審福岡高裁は19年4月、起算点を発症時と判断し、患者側の逆転敗訴とした。

 厚生労働省B型肝炎訴訟対策室の話 判決を分析し、関係省庁と協議の上、適切に対応する。

引用以上

 この訴訟の原告団のウェブサイトを確認すると、原告団及び代理人弁護士たちは長きにわたって国と闘い続け特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等特措法の成立に寄与し、そして今回の最高裁判決も勝ち取ったわけであり、不断の努力を重ねていたことが理解できる。

 特措法に基づくB型肝炎についての賠償請求については、様々な弁護士事務所が大量を広告を出稿し、特に「新興事務所」と呼ばれる多くの弁護士を擁して「過払い」で太くなった事務所らは特にTVCMから、折込チラシまで使い依頼者集めに奔走したわけである。

 確かに過払い金の時もそうであるが、そのような権利があることを多くの国民に告知することには大きな意味があったかもしれないが、B型肝炎訴訟にしても、過払い金の返還などにしても、その請求の基礎となる判決を勝ち取ったのは新興事務所ではなく、今回のように最高裁の判断を勝ち得たり、法律の成立に寄与するような事は行っていない事も明らかであり、見方によっては広告を大量に打って依頼者漁りだけを行う「ハイエナ」のようなイメージを持たれても仕方が無いのではないかと思われる。

 弁護士ドットコムは独自のニュースの配信なども行っているが、ベリーベスト法律事務所の懲戒問題や、懲戒処分の潜脱問題などについても何も触れることもしないし、非弁行為についての注意喚起がなされている養育費保証サービスの問題点に触れることも無い。それは、新興事務所のはしりの弁護士が実質的に創業した側面を持つ会社であり、自分の仲間のお仕事は批判しないという事であろうと思われる。弁護士ドットコムには新興事務所の在り方について論じて欲しいと筆者は思っているが、そんな日が来るとは思えない。

 弁護士業務も「商売」であることは間違いなく、人様の作った道を使ってカネ儲けをしようと何ら批判されることは無いだろうという意見もあるだろうと思われるが、そこには士業としての「誇り」は見えず、見えるのは算盤勘定だけである。それも一つの弁護士としての生き方なのであろうと思うが、弁護士としてどっちがカッコいいかもよく考えて欲しいと筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中