なぜ、第一東京弁護士会は登録先にいない弁護士に対しての注意喚起を行わないのか? 藤田和史弁護士に渡辺征二郎弁護士についての注意喚起を

筆者は以前より第一東京弁護士会所属の藤田和史弁護士と渡辺征二郎弁護士が、登録先の事務所はすでに引き払っており、連絡不能であるので注意喚起を一弁が行うべきであると述べている。

【参考リンク】

連絡不能の弁護士たちを放置する弁護士自治 渡辺征二郎弁護士と藤田和史弁護士を抱える第一東京弁護士会は、せめて国民に注意喚起を

 藤田弁護士も、渡辺弁護士を適切に事務所移転の登録を行わず現在も連絡不能の電話番号が登録されている訳であり、両弁護士に対しての苦情も寄せられているはずなのであるが、第一東京弁護士会はこの問題を「放置」し、国民に対して何らの注意喚起も行っていないままなのである。

 渡辺弁護士の消息は全く筆者には情報は寄せられていないが、藤田弁護士に関しては相変わらず「ブローカー」業務に励んでおり、三流ブローカーたちと到底カネにならないヨタ話を繰り返しているとか、いつになってもハワイで使用できるめどが立たない暗号資産アロハコインの首謀者と結託しているとかの情報が寄せられている。

 藤田弁護士の登録先事務所の所在地はアロハコインの事務所でもあり、大変豪華な内装であり、さすが詐欺師の仕掛けは違うと唸るような事務所であるそうだが、現在はアロハコインでなくCBDオイルとか違うネタでカネ集めを行っているとの事であり、相変わらずの「カネの亡者」ぶりだそうだ。

 話は逸れたが、新橋の詐欺集団のケツ持ち爺さんに「舎弟」と言われていた(現在は、破門 四谷のA弁護士がこの爺さんにくっついています)藤田弁護士を放置することは社会に害を与える可能性もあるだろうし、非弁屋の共生者でしかない渡辺弁護士を放置すればまた非弁屋に飼われデタラメな業務を行う事は間違いないだろう。

 本当にいい加減に第一東京弁護士会は、連絡不能のこの弁護士らについて、しっかりと調査を行うと同時に、国民に対して何らかの注意喚起を早急に行って頂きたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中