連絡不能の弁護士たちを放置する弁護士自治 渡辺征二郎弁護士と藤田和史弁護士を抱える第一東京弁護士会は、せめて国民に注意喚起を

非弁屋の名義人でしかシノゲない渡辺征二郎センセイと、アロハコインやWFCコインに積極的に関与し、新橋のブローカー爺さんの「舎弟」と内外に紹介されていた藤田和史センセイであるが、このセンセイ方の登録先の事務所の電話はいずれも「使われておりません」という状況だ。(なぜか藤田先生のFAXだけは通じるようですが、文書を送っても見るのはインチキ仮想通貨の首魁でしょう)

【参考リンク】

藤田和史弁護士(第一東京)が、所属会に何らの届け出もせずに事務所を移転したようです! 第一東京弁護士会はいい加減に何らかの対策をとるべきではないでしょうか?

有名欠陥弁護士の渡辺征二郎弁護士(第一東京)が業務に復帰! 弁護士登録情報の更新が待たれます

一弁の市民窓口などには両弁護士に対する苦情などが寄せられていると思うし、会としても欠陥弁護士の両巨頭に連絡ぐらい入れているとは思われるが、どちらも登録されている電話にはつながりもしないのである。

 少なくとも藤田弁護士については、詐欺集団と規定すべきテキシアジャパンの連中が運営していたWFCコインの説明会に顔を出し、山岡ジャーナルにも紙屋と説明に行ったりしていたわけで、放置をしておけば「弁護士」という職業の社会的な信用性を利用しカネ集めのお手伝いを行う可能性も高いだろうと思われる。

 渡辺弁護士においては、いままでずっと非弁屋への名義貸しで糊口をしのいできた弁護士であり、除名処分を受けた後も怪しい業界で積極的に活躍する中田康一(元第二東京) などとの腐れ縁でまた名義を利用される可能性もあるはずだ。

 そもそも、普通に弁護士業務をやっていれば、郵便物も届くだろうし裁判所から電話連絡も来るだろう。この両先生方は(まぁ渡辺弁護士は1年間お休みだったから仕事が皆無である可能性もある)一体、どのように業務をこなしているのであろうか?

 第一東京弁護士会は昨年弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の債権者破産を申し立てするという前代未聞の手続きを行い、同事務所の不祥事問題について様々な調査も行ったであろうし、多くの苦情も寄せられたと思う。そのような経験から、不祥事の予防措置などについての研究も多少はしていると思われるが、適切に連絡不能の弁護士に指導監督連絡件を行使しているとは思えないし、弁護士自治の信託者である国民に対しても両弁護士の登録先の電話番号が不通であることなどの注意喚起も行ってないわけである。

 弁護士の「職務の独立」は尊重されるべきであるが、職務が出来ないような状態の弁護士を放置する事は「職務の独立」を尊重しているわけでなく単に「弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治でしかない事に一弁の役員様方はお気づき頂きたいものである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中