民主主義どころか我が国の治安まで乱す維新とN国 このような連中にまともな事を期待すること自体が間違いなのです

ネトウヨの連中たちは、自分たちの浅はかな考えで他国を見下すことで優越感を感じる知性に不自由な人間たちである。そんな連中が呼び掛けた愛知県の大村秀章知事のリコール運動について、約8割もの署名が偽造であったわけである。度し難いバカというのは、いつの時代にもいることは間違いないが、このような連中の救いがたさは先般も述べたとおりだ。

【参考リンク】

愛知県知事リコール運動を巡る署名偽造問題 ネトウヨたちの「愛国無罪」のような主張はとおるはずもありません! なぜ他人の価値観を否定する事に躍起になるのか全く理解できません

このリコール運動の事務局の日本維新の会所属の常滑市会議員の山田豪がすでに愛知県警から任意で事情聴取を受けている事を中日新聞は以下のリンクのとおり報道している。

【参考リンク】

常滑市議、聴取認める リコール署名偽造 関与「答えられない」 中日新聞

このリコール運動の実務の首魁は、やはり当時日本維新の会に所属していた田中孝博であるとも報道されており、このインチキ署名問題には維新の関係者が深く関与している事が理解できるわけである。

 この問題について共同通信は3日付で『署名偽造「事務局幹部がサイン」 バイト募集の発注書に』として以下の記事を配信した。

愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡り、署名偽造のアルバイト募集に関わった名古屋市の広告関連会社の社長が「運動事務局の幹部が、バイト募集業務に関する発注書にサインし、印鑑も押した」と周囲に話していることが3日、関係者への取材で分かった。報酬約470万円は、この幹部が現金で支払ったという。幹部は取材に不正への関与を一貫して否定している。

 関係者によると、広告関連会社は事務局からアルバイトを集めるよう依頼され、昨年10月19日に「スタッフ手配代行」名目で業務を受注した。社長は、幹部が目の前でサイン、押印したと話したという。

引用以上

上記の報道内容から考えれば、すでに署名偽造についてリコール事務局が銭を払ってインチキ署名を書かせたことは明白であると思われ、この運動に深く関与した維新の連中や金持ち爺さんたちにも責任があると考えるのは当然なのである。

 維新という政治集団は今までも多くの問題を起こしてきたわけであり、吉村大阪府知事などは「大阪ワクチン」とか「イソジン」とかまるで的外れのコロナ対策などを申し述べる人物であり(弁護士でもある)、この政治集団の驚くべき知性の低さと遵法精神の欠如には呆れるしかないが、このような連中に投票をするということは、民主主義を乱すどころではなく、我が国の治安さえも悪化させるのである。

 維新と共に「反知性」の双璧をなすN国であるが、実質的な首魁の立花は現在刑事被告人である。1月18日に立花が3件の罪で起訴された件の公判について文春オンラインは以下のリンクのとおり報じている。

【参考リンク】

《初公判で無罪主張》N国党立花孝志被告を弁護する「リアル99.9~無罪請負人」の実力とは?

まぁ、どんな被告人であろうと、その者の利益のために最善を尽くすのが弁護士人であるわけだから、そのための主張を行う事は当然ではあるが、YouTubeで「徹底的にこいつの人生、僕が潰しに行きますからね」と述べたり、NHKの集金人の端末に示された個人情報を動画撮影したり、その動画を利用しNHKに難癖をつけるような行為が「政治家としての正当な業務」という弁護人の主張には失笑するしかないだろう。立花は誹謗中傷をネタにして相手方を脅迫するようなビジネスも行っている事から(それに加担する弁護士もいますが、立花の刑事事件の弁護人ではありません)も、もともと規範意識なども無いことぐらいは理解するが、こんな人物に何かを期待する事が間違いであることに国民は気付くべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中