反対意見を「名誉棄損」と捉える者が増えましたね そんな連中をカモにする弁護士も増えましたね 情報を発信したものに対する単なる意見を「誹謗中傷」として訴訟を起こすことは恥ずかしくないんですかね?

時事通信は5日付で「差別指摘は「公正な論評」 作家の竹田氏敗訴―東京地裁」として以下の記事を配信した。

ツイッターで「差別主義者」などと指摘されたのは名誉毀損(きそん)に当たるとして、作家の竹田恒泰氏が紛争史研究家の山崎雅弘氏を相手取り、550万円の賠償などを求めた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。前沢達朗裁判長は投稿について「公正な論評で違法性を欠く」と述べ、請求を棄却した。

 判決によると、山崎氏は2019年11月、富山県朝日町教育委員会が、中高生らを対象とした講演会に竹田氏を講師として招くことについて、「問題なのは、公的機関が特定国やその出身者に対する差別やいじめの常習者である竹田氏を登壇させること」などとツイッターに投稿した。

 竹田氏は投稿について「誹謗(ひぼう)中傷で、人格攻撃を繰り返した」と主張。損害賠償と投稿の削除などを求めていた。

 前沢裁判長は、竹田氏が著書で「(中華民族は)民度の低い哀れむべき方々」と記したことや、「韓国は、ゆすりたかりの名人」とツイッターに投稿したことなどに触れ、山崎氏の投稿は人権侵害や差別が広がることを懸念した公益目的があり、「相応の根拠がある」と判断した。

 同日、東京都内で会見した山崎氏は「公正な判断。著名人が公然と特定の民族を差別する今の社会は危険だ」と訴えた。

 竹田氏の代理人弁護士は「依頼人と協議し、今後の対応を決めたい」としている。

引用以上

 ネトウヨなど知性に不自由な人間たちは、自分たちの不遇の憂さ晴らしのために、歪んだ自国優先主義に冒され、日本は素晴らしい国・日本は世界で一番の国と考えて、アジアの諸国を軽視するような言動を行うことが特徴である。そんな連中を相手に商売していると考えられるのが、竹田恒泰であろう。

 そんな竹田が真っ当な意見を述べた者に対して慰謝料等として550万円の支払いを求めた訴訟を提起していたわけだが、敢え無く請求は棄却されたわけである。まぁ竹田の言動は「右翼」というよりは「トンデモ」でしかなく、血筋をウリにしているだけであり、上記の引用記事にもあるとおり、竹田自身が不穏当な表現を多く使う事や、他国についての罵詈雑言のような発言を行う事からすれば、中高生の講師として招くことは不適切であると考えるのは当然であろう。

 この訴訟の判決文はこの裁判の被告を支援する会が公開しているので、興味ある方は熟読して頂きたいが、裁判所の判断は至極もっともでしかない。

【参考リンク】

2021年02月05日に東京地裁で下された判決文

 自分で他人を口汚く罵っておきながら、わずかでも自分が批判されると「誹謗中傷」だとか「名誉棄損」と騒ぐ輩が増えたという事だろう。またそんな連中を相手にカモにして商売にする弁護士も増えたという事だろう。

 自分自身の私生活をウリにするような自称インフルエンサーとか、ネトウヨや正真正銘の反社会集団(N国)などとつるんでみたりする弁護士も存在するわけだから、竹田のような他国を蔑む言動を繰り返す自称「旧皇族」などを相手にする弁護士もいるという事だろう。

 竹田は自称「旧皇族」であるが、この人間に高貴な精神を見出すことはできない。明治天皇の御製であり、先の大戦の直前の1941年9月6日の御前会議で昭和天皇が詠まれた以下の歌をよく理解するべきであろう。

よもの海 みなはらからと 思ふ世に など波風の たちさわぐらむ

 劣等感の裏返しのような、自国優越主義は世界から嘲笑の的になる事を理解するべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中