藤田和史先生(第一東京)は、どこで執務しているのでしょうか?麹町に移転したのであれば、速やかに会に届け出をしてください。

 インチキ仮想通貨に関与し、新橋のチンピラ老人に「舎弟」扱いされていた藤田和史弁護士であるが、相変わらず連絡不能であるとの情報が寄せられている。

【参考リンク】

事務所の電話も止まった藤田和史弁護士(第一東京) インチキ仮想通貨屋の事務所に登録はまだそのままありますが、今何をしているんですかね?

 藤田弁護士は事件屋を含む多くの依頼者からトンズラしているようだが、最近事務所の登録地であるインチキ仮想通貨アロハコインの事務所から、麹町に移転し、その住所の名刺を撒いているとの情報が寄せられた。

 アロハコインの首魁の石山は、箸にも棒にも掛からぬ詐欺師であり、自分の資産など一切持たず他人名義にして差押えなどを免れる対策も万全であり、また別のカネ集めに奔走しているようだが、そのあたりの知恵も藤田弁護士が付けた可能性もあるだろう。

 最近、藤田弁護士が民事上の代理人をしていた、これもまたインチキ仮想通貨のWFCコインの胴元であるインバウンドプラス社に捜査機関がガサ入れしたような情報もネット情報サイトで掲載されていたが、このあたりの人間たちと「一蓮托生」(どっかの会長は「一連托生」と表記しています)の藤田弁護士も首筋が寒いはずである。

 東京第一弁護士会は、藤田弁護士に対する苦情、紛議調停、懲戒請求を何件か受け付けており、藤田弁護士が連絡不能であると情報提供も依頼者や相手方から受けているはずであるが、一向に懲戒処分の事前公表なども行っていない。このままでは、深刻な消費者被害が惹起される可能性も高いことから、しっかりと弁護士自治の信託者である国民に藤田弁護士の現状や、懲戒請求の審議が綱紀・懲戒委員会に係属されているのであれば、その状況を報告するべきであろう。また東京ミネルヴァのような社会問題となる前に早急な判断を行って欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中