弁護士の情報発信による集客について 弁護士でありながら断定的判断の提供をするような者には依頼しないほうが良いはずです

 最近は弁護士がTwitterやSNSで情報発信することも多くなった。コスプレに興じる自称美人弁護士や、納税証明書をTwitterにアップしてカネ持ち自慢をなさる弁護士さんもおられるようだ。そんな事は弁護士業務には何らの関係も無いはずだが、何らかの宣伝効果にはなるのであろうとは思われる。

 弁護士広告が解禁され、交通広告・折込チラシによる集客から、インターネットを使った広告にシフトし、非弁屋・整理屋らが積極的に集客を行っていた事は記憶に新しいところであるが、最近はTwitterやFacebookなどのSNSで「イメージ」を形成し集客を図るセンセーも増えたという事であろう。

 依頼者からすれば、弁護士が「誰と会った」「何を喰った」など全く知ってもしょうがない情報であると思われるし、感謝の声のようなツイートは単なる自己宣伝でしかなく、あまり参考になる情報では無いと思われるが、胡散臭い奴であれば有るほど、そんな情報しか流さないというのが筆者の私見だ。

 弁護士の集客というのは今の時代は単に事務所を構えても来客が来るわけでもない事は理解するが、誇大広告のような実績や何でも簡単に解決できるような情報を流して集客を図るような事には全く感心しない。自分が如何に有能であるかもアピールする弁護士さんもカッコ悪いとしか思えない。

 画期的な判決を得て報道されたりする方がよほどカッコいいだろう。最近は発信者情報の開示などで、相手を特定したことなどを、わざわざSNSなどで発信する弁護士さんもいらっしゃるが、そんな事は法廷で決着を付けることであり、刑事事件にするような悪質なものであれば、つまらん情報発信はかえって有害だと思うのであるが、どんなもんなんですかね?

 まあ、弁護士でありながら断定的な判断の提供をするようなセンセーもいらっしゃり、一方的な独自の見解を垂れ流す弁護士さんもおられる。まぁ、そんな形で集客してもトラブルにしかならないと思うのであるが、本人もしくは周囲の非弁屋は本気でそう思っているのかもしれない。

 有益な情報等を発信する弁護士も確かに多いが、下衆な自慢に明け暮れる弁護士の情報発信は真に受けないほうが良いだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中